北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦めレストラン:Story(美味しいサーモンスープ)

公開日:2017年10月9日  更新日: 2018年09月24日 関連分類:   

今日ご紹介させて頂きたいのはヘルシンキでフィンランドの伝統料理「サーモンスープ」をリーズナブルな値段で味わえるレストランです。

 

フィンランドの食文化はそれほど発達していなく、世界有名な料理もあまりないですが、特別で美味しい料理はいくつかあります。

 

「トナカイ料理」「ミートボール(スウェーデンから来たという説もあります)」や「サーモンスープ」などです。

 

 

サーモンスープは筆者がすごくお薦めしたいフィンランド料理の一つです。

 

クリーミーな味わいと新鮮なサーモンのプリプリした食感はすごく美味しくてたまらないです!

 

こう書いているうちにまた食べたくなりました。。。(笑)

 

もちろん、フィンランドやヘルシンキにいればサーモンスープを食べれるレストランやカフェはたくさんあります。しかし、レストランだとスープのボリュームが小さくて値段が高いというリスクがありますよね。

 

そのため、筆者が実際に訪ねたサーモンスープをリーズナブルな価格で美味しく頂けるレストラン「Story」をお薦めしたいと思います。

 

 

オールドマーケットホールでローカルの雰囲気も楽しむ

今回筆者が訪ねたのはオールドマーケットホールに出店しているStoryの店舗です。

 

サーモンスープを楽しむのももちろんですが、ついでに100年以上の歴史を持つヘルシンキ伝統的な市場であるオールドマーケットホールも見回れるので食事以外にもその雰囲気を味わえます。

 

しかも観光客もローカルのフィンランド人もいますので、気楽に入れるし、ローカルの風景も目にすることができます。観光客にとって雰囲気のバランスの取れた場所とも言えるでしょう。

 

参考記事

オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む

 

 

フィンランド料理を楽しむ

今回ご注文したのは「サーモンスープ」(13.8ユーロ、約1800円)と「クラシック家庭料理」(10.5ユーロ、約1300円)です。

 

決して安いとは言えませんが、ヘルシンキではリーズナブルな値段だと思います。

 

 

スープはクリーミーでサーモンはすごく弾力があって美味しかったです。

 

クラシック家庭料理は鳥肉とポテトですが、さっぱりした健康な味で同じく美味しかったです。なぜか日本の肉じゃがを思い出します。サーモンスープを既に食べたことのある方はこちらがお薦めですね。

 

ちなみに、パンは無料で2枚もらいました。おかわりも可能かと思います。

 

 

Storyはヘルシンキで2店舗展開

レストランStoryはヘルシンキでオールドマーケットホールとカンッピショッピングセンターにそれぞれ店舗を展開しています。

 

宜しければ是非食べてみてください!

 

 

 

オールドマーケットホール店詳細

  • 営業時間:月~土8:00~18:00(キッチンは17:00にクローズ)
  • 朝食メニュー提供時間:月~金8:00~10:30、土曜8:00~12:00
  • ランチメニュー提供時間:月~金11:00~15:00
  • 土曜日メニュー提供時間:土曜12:00~17:00
  • メニューはこちら(朝食はAAMIAISMENU、ランチはLOUNASMENU、土曜メニュはLAUANATIMENU)メニューに英語があります。
  • 住所:Vanha Kauppahalli Eteläranta, 00130 Helsinki
  • 地図

 

 

カンッピショッピングセンター、コルッテリ店詳細

  • 営業時間:
    月~金 8:00~22:00(キッチンは21:30にクローズ)
    土曜、 9:00~22:00(キッチンは21:30にクローズ)
    日曜、 11:00~18:00(キッチンは17:30にクロース)
  • 朝食メニュー提供時間:月~金8:00~10:30
  • ランチメニュー提供時間:月~金11:00~15:00
  • ブランチメニュー提供時間:土曜日9:00〜15:00
  • 夕食メニュー提供時間:月~金15:00~21:30、土曜12:00~21:30
  • 日曜日メニュー提供時間:日曜12:00~17:30
  • メニューはこちら(朝食はAAMIAISMENU、ランチはLOUNASMENU、夕食メニューはILLALLISMENU、日曜メニュはSUNNUNTAI)メニューに英語があります。
  • 住所:Urho Kekkosenkatu 1, 5krs, 00100 Helsinki(カンッピショッピングセンター5階)
  • 地図

 

サーモンスープ関連記事

フィンランドのサーモンスープ(Lohikeitto、ロヒケイット)!平凡な見た目を完全に裏切った驚異的な旨さ!材料さえ揃えればあとは切って煮込むだけと、とても簡単に作れちゃいます…...続きを読む

ボリューム満点、安くておいしいSoppakeittiöを紹介!3つの種類のスープの中でもシーフードスープがおすすめです。今回はオールドマーケットホールにあるSoppakeittiöを訪れた時…...続きを読む

Soppakeittiöはすべてのマーケットホールに店舗がありますが、今回はヒエタラフデンマーケットホールを訪問。こちらの店舗はすこし広いのでゆっくり食べたい方にはおすすめです。…...続きを読む

 

 

おすすめカフェ・レストラン

ヘルシンキの雰囲気を楽しめて、市民の生活を身近で自然に見れることができる「都会のオアシス」のようなレストラン・カフェです。中央駅から徒歩15分またはハカニエミ駅から6分…...続きを読む

ヘルシンキの中心部カンッピ(Kamppi)のショッピングモール最上階にあるレストランです。フィンランドは世界で最もコーヒーの消費量が多い国で、そのコンセプトがこのLA TORREFA…...続きを読む

テラス席からはTöölö湾、フィンランド国立オペラハウス、フィンランディア・ホールと同時に周辺の緑地やヘルシンキの市街地建築も一望できる素敵なカフェです。ヘルシンキ中央駅…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら