北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦めバー:「フィンランド醸造所直営」のTeerenpeli

フィンランドのお酒ってなかなか聞いたことないでしょう。

今回ご紹介したいのはフィンランド人がフィンランドで醸造所を作り、酒を造り、しかもそのまま醸造所直営のバーです。

筆者が行ったバーの中でお薦めの場所です。

※Ravintola(レストラン)とも書いていますが、ほぼ誰もご飯を食べていません。みんなビール、お酒とお菓子しか注文していません。

ヘルシンキ市中心にある入りやすいバー

筆者にとって、入りやすさはバーを選ぶ時の第一基準です。

特別な服装が不要で、高い注文をしなくてはいけない雰囲気もなく、すごくうるさい音楽も流されていないバーは筆者にとっての入りやすいバーです。

テーレンペリはまさにこれらの基準をクリアしています。

※深夜に近付けば近づくほど賑やかになります。

もちろん綺麗に着込んでいる人もいますが、パーカーやTシャツ姿の人も普通にいます。

注文もお酒いっぱいで700~1000円くらいで東京と大差がありません。

また、うるさい音楽や酔っぱらっている人もないので何といっても安心ですね。

ヘルシンキのテーレンペリ・カンッピ

ヘルシンキには1店舗で、カンッピショッピングセンターのすぐ横にあります。

バーの内部には2階があり、全体的に座席数が多いです。

ただし、金土の夜10時以降に混雑しますので、席がない可能性がありますね。

詳細はこちらになります。

  • 営業時間:月~木12:00~26:00、金土12:00~27:00、日曜15:00~24:00
  • ウェブサイトはこちら
  • 住所:Olavinkatu 2, 00100 Helsinki
  • 地図:

テーレンペリ(Teerenperi)

テーレンペリは1995年にラハティ(Lahti)というヘルシンキから北約100キロほどにある町で設立された家族経営の小規模醸造所です。

設立当初からビールを醸造しており、フィンランド語の名前を持つLaiskajaakko (怠け者のジャック), Onnenpekka (ラッキーペッカ)など様々なビールを発売しています。

そしてサイダーもフィンランド産のブルーベリーやリンゴンベリー(苔桃)を使用し、フィンランドの味をそのまま楽しめます。

※筆者が注文したブルーベリーサイダーです。ブルーベリーシャンパンのような感じです。

また、当初のコンセプトとして本物の新鮮な原材料しか使わず、添加物を一切使用しないように醸造し続けてきました。

ヘルシンキビールフェスティバルでも数年間ゴールドメダルを獲得したほどの実力者です。

1995年の醸造容量は60リットルだったが、1997年に250リットル、2002年に1500リットル、2009年に更に大きい容量の醸造所が建設され、好評によってどんどん規模を拡大しています。

古い200リットルの醸造設備がカンッピに移され、現在でも特別なビールをヘルシンキのお客様のために作っています。

下記写真がその200リットルの醸造設備です。

現在は既に累計50万リットルのビールとサイダーを生産しました。

また、テーレンペリはウィスキーなどの蒸留酒も2002年から生産しており、現在累計4万リットルのウィスキーを作ってきました。

ヘルシンキには1店舗しかありませんが、フィンランド国内各主要都市であるタンペレ、トゥルック、ユヴァスキュラ、ラッペーンランタ、ラハティなどにもバーがありますので、是非宜しければ訪ねてみてください!

各店舗の住所詳細はこちらへ

また、ラハティの醸造所には有料で見学や試飲が可能です。

詳細はこちらです

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られていますが、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品の発掘に力を注ぎ、まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら