リュックサックの話・ブタ鼻?ピッケルホルダーって何?

公開日:2020年4月22日  関連分類:

 

リュックサックは年齢問わず、ひとり一つはお持ちでしょう。

 

でもちょっと待ってください。

 

よく目にするアレ「なんのためにあるの?」と思ったことないですか?

 

 

普段の外出用のナップサックやリュックサックにはついていないこともありますが、

 

アウトドア用のリュックサックにはついていることがよくあるアレです。

 

 

 

 

日本ではその形からブタ鼻と言われるピッケルホルダー

 

現在では飾りで付けられているものがほとんどですが、実はこの謎の飾りは登山用の方が使うと便利なものです。

 

 

登山の時、特に雪山を登る時に欠かせないのがピッケルです。

 

しかし、常時ピッケルを使用するわけではありません。

 

 

そんな時!この一般的に言われる「ブタ鼻」と言われるピッケルホルダーの登場です。

 

 

この穴に紐などを通してピッケルを固定して運ぶことができるというわけです。

 

 

しかし、飾りであるものはあくまで「飾り」。

 

強度が弱いためにピッケルホルダーとしての機能には優れていません。

 

 

本格的なアウトドア用品店で購入できる様なリュックサックにはしっかりと強度のあるピッケルホルダーがついていますので心配いりません。

 

 

それに加えてリュックサックの底側には輪っかになった紐がある場合もあります。

 

 

これもピッケルや登山用のストック(杖)を運ぶために付けられているもの。

 

 

実は飾りと思っていたものは実用性があってちゃんとした意味があるものだったんです。

 

 

 

 

リュックサック・バックパック・ナップサック違いは何?

リュックサックのことを略して「リュック」と呼ぶことはみなさんご存知ですよね。

 

 

しかし、英語でリュックサックと言っても通じません。

 

それはアメリカ英語でもイギリス英語でも同じ。

 

ではどこからリュックサックという外来語の様な言葉が生まれたのかというと、実はドイツ語からだろうと言われています。

 

 

パックパックという言葉は聞いたことがあるかもしれません。

 

大きな背荷物一つで海外を旅行する人のことを「バックパッカー」というのを聞いたことがある人もいるでしょう。

 

実はバックパックというのはアメリカ英語。

 

これも日本でいうリュックサックのことですが、バックパックという言葉はアメリカでも比較的新しい単語です。

 

 

では本来、昔はリュックサックをどう呼んでいたのか?

 

それがナップサックです。

 

しかし、日本ではナップサックとリュックサックではちょっと違った意味にとらえられることも。

 

袋状の生地にかんたんに取り付けられた紐の背負うものをナップサックと呼ぶことが多くみられます。

 

 

 

 

フィンランドの人々が一番多く使うのは流行関係なくリュックサック

リュックサックは子供からお年寄りの方までとても便利に使えるカバンです。

 

 

それはフィンランドでも同じですが、日本の若者の間ではカバンにも流行があるもの。

 

一時期はリュックサックを持つ若者層が少ない時期もありました。

 

 

フィンランドでは時代や流行に関係なく、色々な沢山の方がリュックサックを持っています。

 

 

ファッションに敏感な方がフィンランド旅行へ来られたら

 

「ありえない・・・」

 

と思うことがあるかもしれません。笑

 

 

ヘビーメタルが大好きな人が多いフィンランドでは「いかにも!」というメタルな方もいらっしゃいます。

 

それはロング丈の皮ジャケットをお召しになっている方だったり、夏には上半身裸でタトゥーだらけの人だったり。

 

もちろん、そんな人に限ってとても優しい人なのですが、そのイカツい見た目だけども、、、

 

めちゃくちゃアウトドアなリュックサックを持っていたりというのはよくある話。

 

 

朝の通勤時間にキッチリとした綺麗な服と靴を履いている女性が

 

通勤用にリュックサックという姿も時々見かけます。

 

 

かと言っても色々なリュックサックのデザインが世の中にはあります。

 

素敵なデザインや優れた機能性のあるものまで様々。

 

何を重要視するかは使う人次第です。

 

 

参考:マリメッコのリュック「Metro(メトロ)」が人気!男女問わず愛されるデザイン

 

参考:フィンランドのバッグ・カバン・リュックサックの流行りを覗いてみよう

 

 

フィンランドでは子供たちが使う通学用カバンはランドセルの様な指定ではなく、各自それぞれのリュックサックなんですよ。

 

 

情報・引用:https://vaell.us/rinkka/

 

関連記事

フィンレイソン掛け布団枕カバーセット:ムーミン谷のなかまたち(春)2019中央画像
※掛け布団&枕カバーセット:ムーミン谷のなかまたち(春) 2019 / FINLAYSON / フィンランド 北欧   みなさんは、寝具にカバーをかけていますか?   今回は、寝具カバ…...続きを読む
普段なにげに使っているリュックサック。しかしよく見るリュックサックのアレは一体何なのか、形がブタの鼻に似ているピッケルホルダーとは?リュックサック・バックパック・ナッ…...続きを読む
フィンランドで買い物するなら是非チェックしてほしいマーク。商品のどこかにこれらのマークがあるとどんな商品なのかがわかります。せっかく買うなら少しでもいいもの、納得いく…...続きを読む
ヨーロッパやアメリカで家具や雑貨などによく使われている「バーチ」。バーチとは樺の木のことで、合板とは薄く切った木をつなぎ合わせて作ったもののことです。バーチの合板がよ…...続きを読む
フィンランドと言えば、ムーミンやサンタクロースなど様々なものが思い浮かびますね。その中にフィンランドの情景、豊かな自然を思い起こす人もいるのではないでしょうか。  …...続きを読む
フィンレイソン掛け布団枕カバーセット:ムーミン谷のなかまたち(冬)2019中央画像
※掛け布団&枕カバーセット:ムーミン谷のなかまたち(冬) 2019 / FINLAYSON / フィンランド 北欧   みなさんは寝具カバーを購入する際に、なにを重視しますか? 今回は、…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら