2018-2019日本フィンランド飛行機直行便運航情報まとめ

公開日:2018年11月6日  関連分類: 

 

日本とフィンランド(ヘルシンキ)の飛行機直行便情報を調べる方が多いと思いますので、関連情報を簡潔にわかりやすくまとめてみました。

 

宜しければ是非ご参考ください。

 

日本⇔フィンランドの直行便はフィンエアーと日本航空(JAL)の2社のみ

フィンエアーはヘルシンキ東京、名古屋、大阪、福岡の路線を運航し、日本航空JALはヘルシンキと東京の路線のみ運行しています。

 

※日本航空はフィンエアーとコードシェア提携を行っており、フィンエアー運航便の航空券を日本航空経由で購入することができます。

※航空会社のタイムスケジュールは季節や繫忙期によって変化しており、5~20分程度前後ずれるがありますが、大まか下記のスケジュールで運航されています。正確には該当航空会社へご確認ください。

 

 

フィンエアー(Finnair)

下記スケジュールはフィンエアーが公開した2019年10月末までのスケジュール情報を元に製作しています。

 

※2019年3月末にフィンランドでサマータイムが始まるため、日本出発便の時間が約1時間ずれます。

 

東京定期便

出発 到着 所要時間 運航日
東京成田11:30
2019/3月末から:10:40
ヘルシンキ15:00 10:30 毎日
東京成田11:55
2019/3月末から:11:00
ヘルシンキ15:10 10:15 毎日
ヘルシンキ17:25 東京成田10:00(+1)
2019/3月末から:9:00
9:35 毎日
ヘルシンキ17:30 東京成田10:00(+1)
2019/3月末から:9:00
9:30 毎日

 

東京季節便

出発 到着 所要時間 運航日
2018/12/6まで
東京成田11:00
ヘルシンキ12:15 10:15 月木
2018/12/5まで
ヘルシンキ16:35
東京成田9:05(+1) 9:30 水日
2019/3月末から
東京成田9:50
ヘルシンキ13:50 10:00 毎日
2018/3月末から
ヘルシンキ14:45
東京成田8:05(+1) 9:20 毎日

 

大阪定期便

出発 到着 所要時間 運航日
大阪関空11:45
2019/3月末から10:45
ヘルシンキ15:00 10:15 毎日
ヘルシンキ17:35 大阪関空10:00(+1)
2019/3月末から:9:00
9:25 毎日

 

大阪季節便

出発 到着 所要時間 運航日
2019/3月末から
大阪関空1:30
ヘルシンキ5:40 10:10 月木土
2019/3月末から
ヘルシンキ12:45
大阪関空16:15 9:30 水金日

 

 

名古屋定期便&夏季増便

出発 到着 所要時間 運航日
名古屋中部11:55
2019/3月末から:10:30
ヘルシンキ15:10
2019/3月末から:14:30
10:15 月水金土日
2019/3月末から:毎日
ヘルシンキ17:15 名古屋中部9:50(+1)
2019/3月末から:9:00
9:35 火木金土日
2019/3月末から:毎日

 

福岡季節便

出発 到着 所要時間 運航日
2019/5月から
福岡10:00
ヘルシンキ14:25 10:25 水金日
2019/9月から:金日
2019/5月から
ヘルシンキ16:30
福岡8:00 9:30 火木土
2019/9月から:木土

 

 

日本航空(JAL)

下記スケジュールは日本航空が公開した2019年9月末までのスケジュール情報を元に製作しています。

 

東京定期便

出発 到着 所要時間 運航日
東京成田11:30
2019/3月末から10:40
ヘルシンキ15:00 10:30 毎日
ヘルシンキ17:25 東京成田10:00(+1)
2019/3月末から:8:55
9:35 毎日

 

 

気になるフィンエアーと日本航空のお手荷物の規定は?

少し気を付けないと追加料金を徴収されるので、是非事前に確認してくださいね。

フィンエアーの日本便はJALのヘルシンキ便のお手荷物規定はほぼ同じですが、少しだけ違うのでご注意ください。

 

※下記情報は全て日本⇔ヘルシンキ線に限ります。
※下記は全てエコノミクラスの航空券を元とする情報です。

 

お預け手荷物

基本的にフィンエアとJALの規定はほぼ同じです。

  • 無料お預け手荷物は2個まで
  • 1個の手荷物は23キロまで
  • サイズ
    • JAL:3辺の和(縦+横+高さ)は203センチまで
    • フィンエアー:3辺の和(縦+横+高さ)は158センチまで

 

筆者は一度「同じ重さのものを同じ飛行機に乗るのでお預け荷物は合計46キロでいいだろう」と思ったことがあり、31キロと13キロの荷物を持って空港に行ったら、1個が23キロまでと言われ、75ユーロ取られたことがあります(泣)

 

機内持ち込み手荷物

フィンエアーの機内持ち込み手荷物は手荷物1個と身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグなど)で、合計重量8キロまで、スーツケースのサイズは56センチ×45センチ×25センチまでです。

 

日本航空JALの機内持ち込み手荷物は手荷物1個と身の回りの品(ショッピングバッグ、ハンドバッグなど)で、合計重量10キロまで、スーツケースのサイズは55センチ×40センチ×25センチまで、3辺の和(縦+横+高さ)は115センチまでです。

 

 

追加手荷物

フィンエアーは追加手荷物を事前でオンラインで購入することができ、お預け荷物は追加1個で60ユーロです。

 

日本航空JALの追加手荷物は1個で2万円です。

 

 

以上、フィンランドへの旅を計画される際に是非ご参考ください。

お役に立てればうれしいです!

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら