フィンエアー機上WIFI実体験:3~4MB/Sくらいのスピード

公開日:2017年11月14日  更新日: 2018年06月08日 関連分類: 

JALのコードシェア便でヘルシンキ→大阪のフィンエアーに乗りました。(JL6802便)

 

機上WIFIは有料ですが、仕事をしたいので、支払って使うことにしました。

 

その実使用経験をご報告させて頂きます。

 

 

料金

JAL便で航空券を購入しましたが、コードシェアで運航はフィンエアーなので、WIFIの費用もフィンエアーの基準に沿うことになります。

 

費用は下記のとおりです。

  • 1時間:7.9ユーロ(約1000円)
  • 3時間:11.95ユーロ(約1560円)
  • 使い放題:19.95ユーロ(約2600円)

※レート:ユーロ=130円

 

クレジットカードもしくはデビットカードにて支払えばすぐに接続できます。

 

下記の搭乗者は無料接続時間が設けられています。

  • ビジネスクラス:1時間
  • Economic Comfortable:1時間
  • フィンエアープラスゴールド:1時間
  • フィンエアープラスプラチナ:使い放題

 

 

接続速度

ユーザーにとってやっぱり一番気になるのは接続スピードでしょう!

 

筆者が実際に接続してみて、下記のネットスピードテストサイトを利用してデータ通信速度を測定してみました。

 

3回テストを行い、得られたスピードは下記の通りです。

  • 一回目:ダウンロード3.04MB/S、アップロード0.08MB/S
  • 二回目:ダウンロード4.75MB/S、アップロード0.17MB/S
  • 三回目:ダウンロード3.46MB/S、アップロード0.15MB/S

平均すると、ダウンロードは3~4MB/Sで、アップロードは0.1MB/Sくらいですね。

 

 

 

 

使えないほど遅くないですが、ストレスなしで使えるわけでもない感じです。

 

9時間のフライトで仕事に使うなら、払う価値はあると思いますが、プライベートやエンターテインメントなどの目的ならば、あまり払う価値はないかなと思います。(ちなみに、このスピードではユーチューブなどのビデオストリーミングサービスは使いにくいでしょう)

 

衛星回線を使用しているそうなので、機上の接続人数によってスピードが変わるそうです。

 

ちなみに、筆者がテストを行った時点で機上で6人が接続していました。

 

注意点

一つ目の注意点は、支払って機上WIFIを購入しても1台のデバイスしか接続できません

そのため、使いたいのはPCか、タブレットか、携帯かを事前に決めておきそのデバイスで支払う必要があります。

 

二つ目の注意点は、ブラウザーです。

筆者はPCを使用して接続しましたが、普段使っているクロムというブラウザーを使って接続するとすごく遅いです。

 

一つのウェブページを開くだけで1分間かかります。仕事に使えないスピードです。

ファイヤーフォックスで開いて見ても同じで、接続スピードが非常に遅いです。

※Speedtestさえ実施できませんでした。

 

最後に、IEを試してみると、あら!これが行けるね!という感じです。

 

もしPCをフィンエアーの機上WIFIに繋げる予定ある方はIEをブラウザーとして使用したほうがいいかもしれませんね。

 

 

最後に

去年筆者の友人はJAL運航の便(JALの機材)でドイツ経由でヘルシンキに来ていましたが、彼がその際に使った機上WIFIの感想が「快適」だそうです。

 

今回筆者が体験したフィンエアーの機上WIFIは「快適」と言えるほどではないですが、「まあまあ使える」というレベルでしょう。

 

もし機上WIFIのスピードが重要であれば、もしかしたらフィンエアー運航便よりJAL運航便のほうがいいかもしれませんね。

 

ヘルシンキ中心街の観光地情報

ヘルシンキに来たら、やはり「ヘルシンキ大聖堂」は外せない場所ですよね。そんなヘルシンキ大聖堂の建物について歴史や建築様式などを紹介していますので訪問前に読んでいただきたい記事です。


ヘルシンキ大聖堂とセットで見る観光スポットと言っていいほど有名な場所はこちら「ウスペンスキー寺院」です。   西ヨーロッパ全体に最大な正教会(Orthodox Church)と言…...続きを読む


オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む


周辺にたくさん観光地のあるカウッパトリマーケット広場。早朝から店が立ち並ぶので早起きしてみるのも良し、観光途中で小腹が空いた時に立ち寄るにも便利ですね。


ヘルシンキの二大繁華街エリアであるヘルシンキ中央駅の駅前エリアとカンッピエリアの間にあるにもかかわらず、中はとても静かな礼拝堂。観光地巡りで疲れた時などに是非立ち寄っ…...続きを読む

 

 

ヘルシンキ散策シリーズ

ヘルシンキ中央市街から徒歩わずか15分でたどり着けるKatajanokka海浜公園。昔は絨毯洗濯場があったエリアで島全体を歩くとわずか30分から1時間程度です。散歩後におすすめのカフ…...続きを読む

5月から9月の夜におすすめの散歩道。「ローカルフィンランド人の生活に近接する」「ゆっくり気楽にお散歩」「綺麗な夕日が見られる(天気が良ければ)」が特徴のルートです。

ヘルシンキ中央駅からトラムで15分で到着。スオメンリンナもみれるこのルートではおすすめのカフェやレストランもあるので散歩の休憩にどうでしょうか。天気が良くて風が強すぎな…...続きを読む

ローカルの人々の散歩エリアにもなっている片側が海で片側が霊園のルートです砂浜でビーチバレーを楽しんでいる人々の様子もみれます。またミニゴルフもあるので時間ある方は散歩…...続きを読む

観光スポットでもあるシベリウス公園を含めたおすすめ散策ルート「シベリウス公園」→「Regattaカフェ」→「ヒエタニエミ散策」のご紹介。シベリウスについても紹介しているので公…...続きを読む

ヘルシンキ市中心にあるオアシス散歩道の紹介です(所要時間は約30〜45分)。中央駅からは徒歩10分がスタート地点。石造建築、植物園もあり水、緑、歴史としてローカルの人々の生活…...続きを読む

 

 

 

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら