あなたは新型コロナウィルスのワクチンを打ちたいか?日本とフィンランドはこんなにも違う!

公開日:2021年5月25日  関連分類:

 

新型コロナウィルスが世界中で蔓延し、最初に人々の生活に大きいな影響を与えてからすでに1年以上経ちました。国によって1年半以上影響している場合もあります。

 

 

新型コロナウィルスの蔓延を阻止するもしくは遅らせるため、我々の生活が大きく制限され、旅行を筆頭に様々なことができなくなったり、やる頻度を抑えたりせざるを得なくなりました。

 

 

それでも、最近ヤフーの一般投票で「すぐに打ちたい」人はなんと「44.6%」に留まっています。

「当面受ける気はない」人は28.4%で、「様子を見てから打ちたい」人は23.9%です。

 

参考:新型コロナワクチンの接種、あなたの考えは?

 

 

この数字は筆者にとって衝撃的です。

 

自分の生活にこれだけ制限がかかっても、早くワクチンを打って通常通りの生活に戻りたくないのか?と思いました。

 

 

一方、フィンランドの世論調査では、「絶対ワクチンを打ちたい」「たぶんワクチンを打つ」と回答する人は合計「81%」です。

 

日本人の反応とこれだけ違いました。

 

なぜ?

 

 

 

 

ワクチンに対する信頼度は国に対する信頼度に関連する?

とても面白いことで、ワクチンに対する信頼度は国に対する信頼度に関連するようです。

 

 

ヨーロッパ32ヶ国で行われたワクチン接種意欲調査では、デンマークフィンランドはトップに躍り出ました。

デンマークは87%の人、フィンランドは81%の人がワクチンの接種を受けたいと答えたそうです。

 

 

そのかわり、ドイツは65%にとどまり、フランスは44%、セルビアは38%しかいませんでした。

 

 

面白いことで、国のコロナウィルス対策に対する信頼度はワクチンに対する信頼度に高く関連しているようです。

国のコロナウィルス対策に対する信頼度において、デンマークは77%満足、フィンランドは75%満足。

そして、ドイツは63%、フランスは35%、セルビアは30%しかいませんでした。

 

 

とても面白い「大衆心理」ですが、「科学」をある程度理解していればわかることですが、ワクチンの有効性はあくまでも「臨床データ」に基づきます。

国がどのような施策をしようか、政治家がどのようなことをやろうか、関係のないことです。

 

にもかかわらず、国に対する不信感がワクチンに対する不信感に関係するのが面白い現象です。

 

 

 

 

日本でもワクチンへの不信感と政治への不信感に関連する?

日本は様々な調査において、ワクチン接種意欲が高い国ではないそうです。

 

 

ヤフーが行ったネット調査(2021年4月~5月)では接種したい人が半分にも満たしていません。

 

また、東京医科大学が行った調査(2021年1月)では接種した人は62%でした。

 

 

その一つの理由は、政治に対する不信感を表しているかもしれませんね。

 

日々の政策や施策などから積み重ねてきた「国の言うことをそのまま全部信じちゃいけない感覚」。

 

ネット上のコメントでも「よくわからない新しいワクチンは国会議員から先に接種してほしいね」「コロナ対策よりオリンピック対策?」などのコメントを散見します。

 

政府がいかに国民の信頼を勝ち取るかが一つ大きいな課題です。

 

 

 

また、日本の「リスク抵抗反応」という文化的な部分も影響していると思いますね。

 

「新しいワクチンですし、様子を見てから打ちたい」「頭痛とか大変な副作用がよく出るから打つのが怖い」などの意見がとても多いです。

 

 

この部分は日本文化が強く影響しているかもしれません。

 

 

副作用の種類と出る確率はすでに臨床試験から下記のデータが出ています。

 

倦怠感:4.2%

頭痛:2.4%

筋肉痛:1.8%

注射箇所の痛み:1.4%

 

 

副作用の症状が比較的に重くなる確率0.6%です。

しかし、ワクチンを打たない対照組でも重い症状が0.5%出ているので、ワクチンが直接影響して0.6%の人に強い副作用が出たとは言えないかもしれません。

 

 

「友達がワクチン打ったら熱が出て三日間家出れなくなった」というような噂だけ信じてはいけないですよ。

 

 

以上、ワクチンの接種意欲の日本vsフィンランド比較と副作用に関する内容でした。

 

 

参考:The Advisory Committee on Immunization Practices’ Interim Recommendation for Use of Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine — United States, December 2020

参考:YLE Poll: Finns and Danes more positive about coronavirus vaccine than others in Europe

参考:Helsinki Times Survey: Willingness to get vaccinated against Covid-19 high in Finland

参考:新型コロナワクチンの接種、あなたの考えは?

参考:【新型コロナ】ワクチン接種を「希望する」は62.1% 「自分だけでなく、他者も守れる」という思いが接種の希望を高める

 

関連記事

  日本の政治界と正反対のように、フィンランドの政治界には女性、しかも若い女性がどんどん中心的なポジションにつき、フィンランドの政治に大きいな影響力を発揮していま…...続きを読む
多政党国家のフィンランドでは、どの政党でも単独で政権を握ることができません。今回はフィンランド主要政党7つを簡単に紹介します。これらの政党はどういう主張を訴え、フィン…...続きを読む
フィンランド政府の透明性をテーマとして取り上げた本記事では、コロナウィルスのワクチン接種対応関連の「情報開示」を切口として、フィンランド政府と日本政府の状況を調査し、…...続きを読む
フィンランド国籍を持たない外国人でもフィンランドの地方選挙に参加することができます。筆者も実際に投票してきました。その実体験の内容とは?
世論調査では、フィンランド人の81%がすぐにコロナウィルスのワクチンを打ちたいが、日本はわずか45%。なぜこんなにも違う?
自分の国は自分が払った税金をどのように使っているかはご存知でしょうか?高社会福祉国家のフィンランドでは税金が高い分、お金が国民に還元されます。それはどのような形で国家…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら