母の日におすすめ・豪華に見える手作りケーキを簡単に!りんごバラレシピ

公開日:2020年5月9日  関連分類:

写真引用:https://www.is.fi/ruokala/

 

毎年、5月の第2日曜日は「母の日」ですね。

 

実はフィンランドでも母の日は日本と同じ日!

 

 

母の日にどんなギフトを送ろうかとお考えの方も多いことでしょう。

 

 

今回は、そんな母の日にピッタリの

 

  • 手作り簡単ケーキレシピ
  • 日本と少し違うフィンランドの母の日

 

をご紹介します。

 

 

手作りケーキは簡単なのに豪華に見える!!!!!ので、

 

絶対に「サプライズ+美味しい」で喜んでもらえることでしょう!!

 

 

 

 

フィンランドの母の日は日本と少し違う

フィンランドでは何かお祝いをするときにはお花を送るのが一番の選択肢ですが、

 

その次に多いのが手作りケーキ。

 

 

ケーキを買うのではなく、手作りするのが一般的です。

 

 

この母の日にもフィンランドではケーキを作る人がとても多いのですが、

 

母の日なのに、母が作って子供達に振舞うことが多いんですよ。

 

 

そして!またまた意外なのが、、、

 

義理のお母さんを母の日に祝うのはちょっと変と思われることも。

 

 

「私はあなたのお母さんではなく、義母よ?」

 

あくまで、「自分の母親」をお祝いするのがフィンランド流の母の日。

 

 

しかし、祝ってもらって嫌な思いをする人はいないでしょう。

 

 

「私はあなたを(義母)を産んでくれた母のように思ってるんですよ」

 

と、一言気持ちを伝えておけば、快く笑顔で答えてくれます。

 

 

 

 

リンゴ薔薇のチーズケーキ・レシピ

(直径18cmほどのケーキ) 所要時間:1時間30分

 

項目はとても多いですが、細かく分けてますので実際はとっても簡単です。

 

材料:

土台のチーズケーキ

  • クリームチーズ:200g
  • グラニュー糖:大さじ5(60g)
  • 卵:2個
  • 小麦粉:大さじ3(27g)
  • レモン汁:小さじ2〜3ほど

バラのデコレーション

  • リンゴ:4個(出来るだけ赤いもの)
  • レモン汁:小さじ1〜適量
  • バター:100g
  • ハチミツ:1/2カップ

仕上げのツヤツヤに見せるため

  • ジャム:1/2カップ

 

 

作り方

1)クリームチーズは必ず常温に戻しておきましょう。

2)土台のチーズケーキの材料を全てを滑らかになるなるまで均一に混ぜます。(ミキサーなどを使うと良いですね)

3)ケーキ型へ流し込みます。

4)ケーキ型を少し高い位置からポンポンと落として生地の中にある空気を抜きましょう。

5)170℃ぐらいのオーブンで40分ほど焼きます。

 

 

さぁ、このチーズケーキを焼いている間にデコレーションを作りましょう。

 

写真引用:https://www.is.fi/ruokala/

 

6)皮付きのリンゴを出来るだけ薄い半月切りにします。

7)リンゴのスライスにレモン汁を満遍なく全体にかけましょう。リンゴの色が変わらないためです。

8)バターを溶かしてハチミツと混ぜ、スライスしたリンゴに注ぎます。

9)リンゴが柔らかくなるまで電子レンジで約1分〜。

10)柔らかくなったリンゴのスライスを順に並べてクルクルと巻き込みバラの形を作ります。

 

 

では、チーズケーキに戻りますよ。

 

11)チーズケーキが焼けたらまたオーブンを使うのでOFFにしないように!

焼き上がったケーキ生地の中の空気を抜くために5cmぐらい高い位置から落としましょう。

12)リンゴのデコレーションを飾り付けしていき、出来上がったら更にオーブンで10分焼き上げます。

13)出来上がったら仕上げに30秒電子レンジで加熱したジャムをハケなどでバラの部分に塗っていきます。

 

 

このケーキレシピだけでなく、

カップケーキやマフィンの上、アップルパイの飾り付けでも見栄えよく演出してくれます。

 

デコレーションだけでもけっこう便利なので覚えておくと損はしませんよ。

 

写真引用:https://www.is.fi/ruokala/

 

フィンランドでは母の日を「アイティエンパイバ(Äitienpäivä)」と言います。

 

母の日おめでとう!

ヒュヴァー アイティエンパイバー!

(Hyvää äitienpäivää!)

 

 

日本では赤いカーネーションを送ることが一般的に知られていますが、

 

フィンランドではピンクのバラやチューリップなど、

 

赤よりもピンク色を選ばれることが多いのです。

 

 

是非、このリンゴ薔薇デコレーションで飾ったケーキを母の日に作ってみてください。

 

喜んでもらえること間違いなしです。

 

 

参考:引用:Soppa365 -Omenakukat

関連記事

年に一度のパンケーキ・デイなのにフィンランドではどうして食べないのか?そしてパンケーキ・デイとは何か、どうしてそんな名前の日があるのか?を分かりやすく簡単に説明しています。
12月6日はフィンランド独立記念日です。誰でも参加できる催しもあるんですよ。そして、この日いちばん注目されるのは大統領官邸でのパーティ。もし、あなたが招待を受けたらど…...続きを読む
イースターという日を知っていても何となく知ってるだけではありませんか?一体この日はどういった日なのか、どうして毎年違う日なのかなど、簡単に豆知識としてでも知っておいて…...続きを読む
フィンランドにも多くの祝日(国の定休日)があります。それぞれの祝日はどのような意味があるか、フィンランド人はどのようにお祝いするかを8つの祝日に通じてフィンランドの様…...続きを読む
母の日は5月の第2日曜日。とっても簡単にできて豪華なケーキのレシピを載せています。サプライズ度が高くて喜んでくれること間違いなし!!フィンランドの母の日のことも添えて書いています。
クリスマスに次ぐフィンランド最も重要な節日である夏至祭(ユハンヌス)。人々の夏至祭の過ごし方や祝い方、また様々なイベントについて紹介しておりあます。また花を集める習慣も…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。




ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら