フィンランドで大流行中!marimekkoエコバッグ

公開日:2019年11月9日  関連分類:

 

 

フィンランドでは日本ほど、

みんなが皆して同じものを同じ時期に身につけるということはそんなにありません。

 

 

確かに流行りモノはあるけれど、どこのお店に行ってもこの流行りモノ、このタイプ、

こんなファッションで皆街を歩いている、、

 

 

とまではいかないんです。

 

が!!!!

 

まさかの!!!!

 

 

marimekko marimekko marimekko ロゴでいっぱい!!

 

 

 

 

フィンランドで稀に見るmarimekkoロゴエコバッグブーム

今年の夏あたりから、ヘルシンキ市内はもちろんのこと、

 

タンペレやオウルと離れた街までもが、marimekkoのロゴエコバッグだらけ!

 

フィンランド人女性の間で爆発的に大人気になりました

 

 

多くは黒いロゴのエコバッグを持ってる方が多いですが、

中にはピンクだったり、ゴールドだったり、ネイビーだったり、様々です。

 

 

このエコバッグはオーガニックコットン製

 

 

このmarimekkoのロゴは1954年にmarimekko創設者であるArmi Ratiaが

 

Olivettiというブランドの古いタイプライターでタイピング編集されて生まれたものです。

 

 

イベントやその時期のキャンペーンなどによって色が変わるのですが、

 

これが、、、残念ながら店頭で購入することはできません

 

 

特定の時期に、marimekkoの店頭で100ユーロ(約13000円、ユーロ=130円)以上お買い物をした方に

 

ギフトとしてもらえます。

 

 

なので、手軽には手に入らないんですね。

 

 

 

 

インターネットで購入できる?!

稀にみる爆発的な人気なわけですから、どうしても欲しい人が現れてくるのが当然の話です。

 

国が違っても、こういう時の女性は物欲にびっくりするほど火が付きます。笑

 

わかりますよこの気持ち!!私もそうです。笑

どうにかして手軽にいますぐ手に入らないか?!

ってなりますよね。

 

 

需要があると、やっぱり売る人が出てくるのが世の中。

 

 

marimekkoのロゴエコバッグ、

 

インターネット上でのフリーマーケットサイトで取り引きが目立つようになりました。

 

 

フリーマーケットサイトでは平均して大体は40ユーロ(約5200円)ほどで売られています。

 

40ユーロですよ!

 

100ユーロ(約13000円)以上お買い物したとはいえ、ギフトでもらったエコバッグが!!

 

 

でもね、売れるんです。欲しい人がいっぱいいる!!!

 

FaceBookのマーケットプレイスでも売りに出している人がいて

これが20ユーロ(約2600円)で売りに出した人がいたそうで、

 

みんな欲しくてすごい予約待ちだったり連絡が来て大変だったそうです。

 

 

 

 

marimekko側はこのブームをどう思っているか?

marimekkoのマーケティングマネージャーElisa Sviili はインタビューで

 

このロゴエコバッグのアイデアは

 

 

「いかに顧客を喜ばせるか」

 

 

と考えたときに思いついたそうなのですが、

 

やっぱりこの爆発的なブームに

Elisa Sviili(marimekkoのマーケティングマネージャー)は驚いたようです。

 

 

こんなに人気が出たんですからmarimekkoの店頭で普通に購入できるように考えなかったのか?

と疑問に思いますよね?

 

 

でもね、やっぱりこのロゴエコバッグはあくまでも

 

 

お客様への贈り物、ギフト」として作られているので

 

 

現在、販売していないし

 

今後も販売する予定もない んだそうです。

 

やはりはじめに思い浮かんだアイデア、

 

いかに顧客を喜ばせるか」という事をこれからも大切にして維持して行きたいからだそうです。

 

 

参考・引用 ilta-sanomat Miksi Marimekon supersuosittua logokassia ei voi ostaa myymälästä?

 

 

関連記事

マリメッコ ルーツウニッコ 2017年春夏カラー
マリメッコの新作情報、Ruutu-Unikko(ルーツウニッコ)柄の2017年春夏カラーが登場します。グリーンが基調で落ち着いた雰囲気です。Ruutuはフィンランド語でボックスやダイ…...続きを読む
マリメッコアウトレットの販売フロア
マリメッコにとって1970年代は進化と変化の時代でした。デザインスタイルの変化、海外市場への進出、日本人デザイナーの活躍から創業者の逝去など大きいな出来事が続々と起き…...続きを読む
マリメッコのペーパーナプキン
友人宅のホームパーティに参加したのですが、なんとペーパーナプキンがマリメッコでした!イケアで購入したそうです。かわいくて使うのがもったいなかったほどです。イケアのセー…...続きを読む
マリメッコアウトレット正面入り口
フィンランドを代表する北欧デザインブランドと言えば「マリメッコ」ではないでしょうか?フィンランドにはアウトレット店もあり、ここでしか販売していない商品や、お得な価格で…...続きを読む
【日本限定】Kestit coffee cup コーヒカップ(2個セット箱入り)
日本限定で発売されるOivaKestitシリーズの新色イエロー。Kestitはフィンランド語で「楽しませる」という意味。ラインナップはマグやプレート、ボウルなどがあります。多くの料理…...続きを読む
マリメッコアウトレットの布生地商品
  小さなプリント会社であるプリンテックスから、マリメッコへと成長を遂げたストーリーをご紹介した、「マリメッコの歴史」シリーズ。   今回は、フィンランドのアパ…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。




ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら