フィンランドで起業したい時にまず考えなければいけない3つのこと

公開日:2021年2月14日  関連分類:

 

海外で自分でビジネスを始め、そこから収入を確保して生活していくのはなかなか簡単なことではありません。

 

 

日本に比べ、法律制度が違えば、言語文化も異なります。

ビジネスを始めようとしてもわからないことが多すぎでどこからやればいいのかもわからない状態に陥っていませんか?

 

 

この記事では、フィンランドで起業したい人が、最低限どのくらいの準備もしくは事前知識が必要かのことをまとめてみました。

 

例えば、在留資格(ビザ)はどうするか、起業助成金はどうやればいいか、他に必要な手続きは何だろうかなどについて簡単にご説明します。

 

是非ご活用頂ければと思います。

 

 

 

 

フィンランドで起業してみたいと思うなら、まずこの書類を読もう!

実は、フィンランドで起業したい人に向け、フィンランドのEnterprise Agencyはすでに関連情報を細かくまとめています。

PDFで無料でダウンロードすることができ、英語の書類となります。

 

参考:Information on entrepreneurship and running a business(Guide for Becoming an Entrepreneurのところをご覧ください)

 

 

この書類には100ページ以上ありますが、起業に関する心構えという概念やコンセプトのところから実務の面で会社設立、ビザの取得、保険、VAT(消費税)、雇用などまでカバーされています。

 

しかも、この書類は毎年更新されているため、最新版を読めば、現在の制度や法律に沿った情報を手に入れることができます。

 

この書類を最低2~3回読んでおくことをお勧めします。

筆者も起業当初にこの書類を頼りにしていました。

 

 

日本人がフィンランドで起業したいと思うときにまず考えるべきこと

日本人が一外国人としてフィンランドに来てフィンランドに住み、フィンランドで起業したいと思うときに、まずはいくつかのことをできるだけ早めに考えておくべきです。

 

 

  1. どういうビジネスをやるか(ビジネスプランの作成含め)
  2. 資金を十分に用意・調達できるか
  3. 在留資格(ビザ)の申請

 

 

「1.どういうビジネスをやるか」について、もちろん最初に考えておかなければいけないことです。

慣れていない異国フィンランドでも収入や売り上げを確保する見込みが高いビジネスが必要です。

それももちろん自分の経験、知識に関連します。

 

 

この部分は考えながらビジネスプランの作成も同時に進めることをお勧めします。

 

アイディアだけではぼんやりしますし、紙やパワーポイントに落とせばより分かりやすいし、考えたものがどんどん蓄積されていきますので、ビジネスプランの内容もどんどん充実していきます。

 

 

どういうことをやるかを決めたら、次はお金の用意です。

 

もちろん、ビジネスを始めるにはお金がかかります。

プロトタイプの製品やサービスを作ったり、作った製品やサービスをテストしたり、マーケティング(広告とか)したり、黒字転換までの生活費など、初期段階には多くのお金がかかります。

 

このビジネスを始めるにはこのくらいのお金が必要で、黒字までの生活費がこのくらいなど試算した上、必要な資金を確保しておきましょう!

この部分はできるだけ細かく、各項目をリストアップし、それぞれの項目で試算してください。

 

 

※もちろん、ビジネスアイディアによって、必ずしもすべて自己資金から資金調達する必要がありません。フィンランドであれば、個人投資家ネットワークFIBAN、機関投資家ベンチャーキャピタル、もしくは公的な資金Tekesからも資金調達できます。

 

参考:スラッシュ:北欧最大級の起業家・投資家マッチングイベント2019年11月21~22日開催!

 

 

 

 

そして、上記のビジネスアイディア構想と資金調達と同時に、フィンランドの在留資格(ビザ)の申請準備も同時に進めることができます。

 

 

在留資格の申請準備の中に、一番重要なのはやはり「ビジネスプラン」と「資金の準備」です。

緻密に作成され、説得力のあるビジネスプランと、十分な資金を用意した口座残高証明書は最も強力な書類となります。

 

 

起業関連の在留資格申請について、下記の記事にて詳細をまとめていますので、是非ご参考ください。

 

参考:フィンランドで起業ビザを取得する方法と段取り

 

 

今回はフィンランドで起業したいときにまず考えなければいけないこと3つをまとめました。

どこからどう進めればいいかわからない方に、まずこの3つから始め、考えてみるといいかもしれません。

 

 

※「フィンランド起業ビザ取得サポートサービス」をご提供しておりますので、宜しければご参考ください。

 

関連記事

  起業を促進するため、フィンランドでは「起業助成金」という補助金制度が用意されています。   日本でも様々な起業支援制度がありますが、その多くは「費用の一部を…...続きを読む
フィンランド政府は起業する人に様々な補助金を提供しています。毎月8万円の少額補助金もあるが、総額6500万円の高額補助金もあります。今回は6500万円の補助金について…...続きを読む
フィンランドで起業するなら、「スラッシュ」というイベントは聞いたことがあるでしょう。「Arctic15」はスラッシュに並び、ヘルシンキで夏に開催される起業家・投資家イベントで…...続きを読む
フィンランドの起業ビザに申請したいと思った方にいくつかの注意点について是非気を付けてほしいです。その中でもビジネスプランの作成が最も重要です。それだけ起業ビザの審査結…...続きを読む
  起業について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?   何か新しいビジネスをスタートする? 何かお店を開く? 何か物やサービスを販売し、お金をもらう?  …...続きを読む
フィンランドの起業ビザ(Self-employed residential permit)を申請したい方に向けて提供するサポートサービスです。申請するにあたり、最も重要な「高いレベルのビジネスプラン…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら