北欧・フィンランドの『ハグ』カルチャー

公開日:2018年1月19日  関連分類: 

※本記事は原作者の同意を得た上、全文転載させて頂いております。原文掲載サイト:SUOMI PERKELE。原作者はフィンランド人女性と結婚してフィンランドに移住した大阪人男性で、独特な角度でフィンランド生活事情をブログに綴っています。以下原文です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、、

あなたは何人の人間を抱きしめたことがあるでしょうか?

 

 

『ハグする』事は異性、同性問わずめっちゃいいやん!と最近感じております。

 

 

フィンランドに移住して一年近く経ちますが、最初にどうしても慣れる事が出来なかったのが、『ハグ』です。

 

日本でのハグ

彼女や、幼い頃の両親以外で僕がハグをした事があるのは今思い出す限り一回しかありません。31年間生きていて一回です。

 

一方、住み始めて1年ぐらいのフィンランドでは、一週間に何回かは友人や、ワイフの家族とハグをする事になります。

 

それだけ文化が違うんですね。

 

日本でのハグは、感極まって勝手にしてしまった感じでした。

 

僕は当時高校3年で、学校外のホッケーのクラブチームに属していました。ホッケーの全国大会の試合で僕たちは準決勝まで進んでいましたが、両チーム譲らずで延長戦にもつれ込んでいました。

 

最終的には一番仲のいい友人のアシストで、僕がゴールを決めて、決勝まで駒を進めました。

 

そして決勝戦でも延長戦にもつれ込み、今度は逆のシュチュエーションで友人がゴールを決めてくれて、僕たちは優勝しました。友人がゴールした瞬間!!

 

『オォーー!!』

 

と叫びながらコートの中央でみんなでハグし合いました。

 

 

これが僕の唯一覚えているハグです。

 

ハグの種類!?

ハグと言われると、正面で向き合うハグと、恋人同士で見られる背後からのハグとがあると思います。

 

友人同士で背後からハグをするのはキモすぎますよねw

とここで、、ハグについて少し調べていると、いくつか種類がある事がわかりましたw。と言うか、二種類ありましたw

 

まずは、、、

 

カドリング (cuddling)

いや全く聞いた事ないし、これからも使う事ないし、

 

彼女が、

 

『カドリングしてー♪』

 

という事なんか100%ないでしょう。w

 

ちなみにこのハグは、『心地よい体勢で長時間ハグする事』だそうです。

 

ほ、ホォ〜。。

 

スプーニング (spooning)

はい!きましたスプーニング!!(いや知りません初耳です。w)

 

これは、カドリングの1つで、背後から抱擁するやり方みたいです。

 

彼女や彼氏が落ち込んだ時にはこのスプーニングを試してみてはいかがかな?!w

 

 

ハグ講座

もちろん最初はかなり抵抗がありました。彼女でもない女性と公共の場でハグをするなんて(公共やなかったらええんかい笑)とても恥ずかしかったです。

 

日本では馴染みがないですし、ましてや急にやるとイタイ奴と思われますよね。

 

ハグのプロフェッショナルではありませんが、この一年で僕が掴んだハグのやり方についてご説明いたします。

 

 

ハグで困った事

  • タイミング
  • 首を持っていく方向
  • どっちから?
  • 時間は?
  • 強さは?

とまあ最初はいろいろ考えました。中でも一番戸惑ったのが首を持っていく方向です。

 

同じ方向に首を持っていけば、ゴッツンコしますし、以外とタイミングがあるんですよね。

 

ですが80%くらいの確率で、向かい合って、自分から見た左側に首を降ってやると、イケてる気が最近はしています。

 

フィンランド人はシャイという割には結構ハグするんや〜と思いました。

 

中には、『ハグしてもいい?』と訪ねてくれる方もいます^^

 

 

タブーなハグ

なんでもかんでも別れ際や、出会い頭にハグをすればいいってもんでもありません。

 

何でもかんでも、

 

美人やからって、ハグしようとしたらあきません。

 

 

特に初対面だと最初からハグをするのは少し距離を詰めすぎなイメージがあります。

 

(特にフィンランド人の方々は徐々に人間関係を深めていく傾向にあるため)

 

何回か顔を合わせて関係を築けると、向こうからハグをしてくれるようになります!

 

まとめ・ハグの勧め

なんども言いますが最初は恥ずかしくて、タイミングもわかりませんし、戸惑う事ばかりでした。ですが最近こう思います。

 

『ハグ、いるなあ』

 

笑。

 

冗談抜きで思います。

ハグをしてデメリットなんかありません。健康にいいとか、メンタル的にいいとか良い事だらけです。

 

健康とかメンタルとか、そこまで感じた事はありませんが、相手に対する距離感がとても近いではなく、『強く』なる感じがします。

 

動物は元来触れ合うべきだと思います。虎やライオン、犬や猫も体全体で表現しますよね。

小さい頃は母親にハグしてもらったり、親と肌と肌が触れ合う時間も多かったのに、僕ら日本人はハグの文化が無いばっかりに、どんどん親や大切な人と触れ合う時間はなくなってきます。

 

だからこそハグの文化は素敵だなあと感じました。

なかなか日本でその文化が無い以上、ハグをするのは難しいんですけどね!!w

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上原文です。

 

 

補足

上記ブログ作者タプサの原文に筆者は自分の経験を少し補足しますね。

ハグは関係の良い友人もしくは親類の間でよく行われる挨拶の行動の一つです。

アジア人男性の筆者としては、基本的に下記の原則にてハグしていますね。

  • 男性と男性は基本的にハグしません。
    • 複数の友人で全員ハグしている場合は性別問わず全員ハグします。
  • 男性から女性に基本的に自分からハグする姿勢を出しません。女性からハグする姿勢が出されたらハグします。
  • 男性と女性のハグは軽くお互いに肩が当たる程度で、他の体の接触はあまりしません。関係が親密になったり、距離感が近くなったら体の接触が増えるハグをします。
  • 女性はハグするかどうかを決めることができます。したいなら男性にも女性にもハグするとよい。ハグしたくなければ手を出して握手しても軽く手を振る程度だけでもOKです。

ご参考になれれば幸いです。

 

関連記事

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら