ヘルシンキ フェスティバル 完全攻略 2018年8月17日~9月2日

公開日:2018年1月18日  関連分類:  

ヘルシンキ・フェスティバルはフィンランド最大級の一般参加型イベントです。

音楽イベントからアートイベントなど様々なイベントが開催され、晩夏のヘルシンキはすごく賑やかになるでしょう。もしヘルシンキに滞在する予定があれば、是非内容を確認して参加してみてください!

※現在2018年ヘルシンキ・フェスティバルは準備中であり、2018年4月に詳細プログラム内容が公開される予定です。公開され次第、記事を更新致しますので、暫くお待ちください。

概要

ヘルシンキ・フェスティバルはフィンランド最大級のアートイベントであり、毎年夏の最後に約2週間に渡って開催されます。

プログラムにはクラシックミュージック、世界各種ミュージック、ダンス、サーカス、ビジュアルアートなど、様々な分野がカバーされています。

ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ(The Night Of The Arts)

「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」は自由主催、自由参加型のイベントです。「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」と決められた日に誰もがイベントを主催し、イベントを「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」のウェブサイトに登録し、人々が自由にイベントを探して参加することができます。もちろん、無料なイベントも有料なイベントもあるでしょう。

2017年にはクラブから公園、レストランから露店屋台など数百ものイベントが開催されました。多くの博物館や美術館も無料見学日として設定され、また営業時間も延長されました。

「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」はヘルシンキ・フェスティバルの関係イベントの一つです。

お楽しみですね!

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。




ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら