ヘルシンキフェスティバル:2019年8月15日(木)〜9月1日(日)

公開日:2019年7月6日  関連分類:  

 

 

ヘルシンキ・フェスティバルはフィンランド最大級の一般参加型イベントです。

2019年8月15日(木)〜9月1日(日)の約2週間半開催されます・

 

 

音楽イベントからアートイベントなど様々なイベントが開催され、晩夏のヘルシンキはすごく賑やかになるでしょう。

もしヘルシンキに滞在する予定があれば、是非内容を確認して参加してみてください!

 

 

※キートスショップ主催ヘルシンキ現地ツアー

せっかくフィンランドに旅行に来たのだから、首都ヘルシンキ以外も訪問したいという方におすすめのページです!ヘルシンキから行ける日帰りオプションツアーや、日帰りで訪れるこ…...続きを読む

 

 

 

 

ヘルシンキ・フェスティバル概要

ヘルシンキ・フェスティバルはフィンランド最大級のアートイベントであり、毎年夏の最後に約2週間半に渡って開催されます。

 

プログラムにはクラシックミュージック、世界各種ミュージック、ダンス、サーカス、ビジュアルアートなど、様々な分野がカバーされています。

 

 

 

 

ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ(The Night Of The Arts)

ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」は自由主催、自由参加型のイベントです。

 

 

「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」と決められた日に誰もがイベントを主催することができます。

イベントを「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」のウェブサイトに登録し、人々が自由にイベントを探して参加することができます。

 

 

2017年にはクラブから公園、レストランから露店屋台など数百ものイベントが開催されました。多くの博物館や美術館も無料見学日として設定され、また営業時間も延長されました。

 

 

2019年は、7月現在すでにたくさんのプログラムが登録されています。

フェイスペイントなどの子供が楽しめるワークショップから、小さなコンサートやアートツアーなど様々なイベントが開催予定となっています。

 

 

場所はプログラムによってことなるのでイベントウェブサイトよりご確認ください。

 

「ザ・ナイト・オブ・ザ・アーツ」はヘルシンキ・フェスティバルの関係イベントの一つです。

 

 

 

 

 

 

ARCHITECTS OF AIR: ARBORIA


※helsinkifestical.fiより引用

 

 

迷路の中を通っていくリラクゼーション、インスピレーション、アドヴェンチャーな体験型イベントです。

 

所要時間はおよそ20分、無料で参加可能となっています。

 

イベントはでKansalaistoriに設置されます。ヘルシンキ中央駅の西に面しており、徒歩約5分です。

 

 

ARCHITECTS OF AIR: ARBORIA詳細

  • 8月15日から8月25日まで開催
  • 8月15日は10時〜20時30分
  • その他の開催時間はARCHITECTS OF AIR: ARBORIAよりご確認ください
  • 地図

 

 

 

ヘルシンキの街中で見られるアート:Enter Helsinki

 

8月15日から9月1日にかけて、ヘルシンキ中央駅「Jon Hopkins, Ville Hyvönen」、ウェストターミナル T2「Timo Kaukolampi, Jenni Pystynen」、そしてヘルシンキ空港「Meeri Koutaniemi, Sami Yaffa」においてそれぞれのアーティストの作品を鑑賞することができます。

 

 

ヘルシンキフェスティバルの期間にヘルシンキにこられる方は空港に着いた際または帰国の際にぜひ探してみてください。

 

また中央駅を利用するときは、少し足をとめてアートに触れる機会を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

クラシックミュージックイベントも

ロボット合唱団(Robot Choir)

ヘルシンキ大聖堂にて合唱団が8月15日16時よりオープニングを飾ります。

 

そのたのクラシックミュージックのイベントはhelsinkifestival.fiよりご確認ください。

 

 

 

 

 

 

ビジュアルアート&シネマ

是枝裕和監督作品の上映

Kino Reginaにて、下記の作品が上映予定です。

ちなみにこのシアターは新しく建設された「ヘルシンキ中央図書館Oodi」の中に位置しています。

 

 

  • 1995年 幻の光(Maborosi)
  • 1998年 ワンダフルライフ(AfterLife)
  • 2004年 誰も知らない(Nobody Knows)
  • 2008年 歩いても 歩いても(Still Walking)
  • 2013年 そして父になる(Like Father, Like Son)
  • 2015年 海街ダイアリー(Our Little Sister)
  • 2018年 万引き家族(Shoplifters)

 

 

チケットや上映時間については7月25日よりkinoregina.fiにて情報がアップデートされる予定です。

 

また7月、8月には2017年に公開された「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」や2008年に公開された「パペット・アニメーション ムーミン谷の夏まつり」などが英語字幕で上映予定です。

 

その他にも1900年代の洋画も上映されるので、興味のある方はウェブサイトよりご確認ください。

 

 

 

 

TM Galleria:CAROUSEL NEW PICTURES EVERY DAY

なんとヘルシンキフェスティバルを通して毎日、展示が変わる展示会となっています。

 

1日で一人から三人、合計で59人のアーティストの作品が展示されます。

 

「Finnish Painter’s Unions」からランダムにアーティストが選出されています。

 

 

TM-Galleria 詳細

  • 8月15日:11時〜22時
  • 8月16日:12時〜17時
  • 8月17日から9月8日:11時〜17時
  • 無料

 


 

今回の記事で紹介できたのはあくまでいくつかのイベントです。

 

他にもたくさんのイベントが開催されるので興味のある方はぜひ公式ウェブサイトhelsinkifestival.fiより探しててくださいね。

 

また無料イベントだけでなく、有料のイベントもありチケットはticketmasterより購入可能です。

 

 

関連記事

 

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら