フィンランドのスポーツ:ウィンタースポーツが人気のフィンランド

公開日:2019年9月25日  関連分類: 

 

 

フィンランドの人気スポーツというと、あまりイメージないですよね。

 

フィンランドの冬が長く、気候が極寒ですので、人気なスポーツにはウィンタースポーツが多いですね。

 

 

ウィンタースポーツはアイスホッケー、アイススケート、クロスカウントリスキーなどが中心です。

夏季スポーツはペサパッロ(フィンランド式野球)、サッカーなどです。

 

年中できる室内のスポーツはフロアボール、バスケットボール、バドミントン、テニスなどですね。

 

 

今回はまずフィンランドで人気の高い3つのスポーツをご紹介します。

 

 

 

 

フィンランド国内で最も人気の高いスポーツは「アイスホッケー」

フィンランドで最も人気の高いスポーツはおそらくアイスホッケーでしょう。

 

人口わずか550万人の小国フィンランドのアイスホッケープロリーグにはなんと15チームも所属しています。

 

日本の人口の20分の1しかないに対し、日本のプロ野球のチーム数よりも多いという状況です。

 

 

フィンランドではアイスホッケーを自分でやるスポーツとしても、観戦スポーツとしても人気が高いです。

 

ヘルシンキを出ると、一軒家にある少し広い庭に凍った地面でアイスホッケーを遊ぶ子供たちをよく見かけます。

ヘルシンキ市内でも冬になると公園のグランドがアイススケート場になり、アイスホッケーを楽しむ子供も少なくありません。

 

 

青少年や成人になると、アイスホッケークラブに入り、室内のアイスリング場で練習したり、試合したりします。

 

 

参考記事:フィンランドで社会人アイスホッケー試合ってどんな感じ?

 

 

アイスホッケーは「スピード」を重視するスポーツで体の接触や繊細なコントロールも求められます。

且つ見事なチームプレイもとても重要なので、とても面白くて興奮しやすいスポーツです。

 

 

もしチャンスがあれば是非アイスホッケー観戦をしてみませんか?

 

 

ただし、初心者がアイスホッケーやるには少しハードルがあります。

一つ目はアイススケートの技術ですね。

 

急加速、急回転、急停止などの動作を氷の上でできないとアイスホッケー自体が成り立たないので、最低限アイススケートがうまくできることが必要です。

 

 

また、アイスホッケーには様々な防具が必要です。

 

防具一式用意するにもかなりお金かかります。

これも一つのハードルになりますね。

 

 

 

 

知られないフィンランドの人気スポーツ「フロアボール」

フロアボールというスポーツもフィンランドの人気スポーツの一つです。

 

 

フロアボールのやり方と形式は基本的にアイスホッケーと同じですが、アイスリングではなく、通常の体育館でやります。

 

なので、通常の体育靴で「走りながら」アイスホッケーをやる感じですね。

 

 

同じ2チームに分け、長くて先端が曲がった棒を使って床に転ぶボールをコントロールして相手のゴールに入れるスポーツです。

 

 

フィンランドも国際フロアボール連合という組織の創始国の一つであることから、フロアボールがフィンランドでの長い歴史をうかがえます。

 

 

筆者も一度友達とフロアボールをやったことがあります。

 

やはりスピードが速く、走りっぱなしのスポーツですぐに疲れてしまいます。

 

でも短時間の高強度チームスポーツとしてはとても楽しかったです。

 

通常フロアボールの棒を持っていないので、参加者全員分の道具を揃うことだけは少し難しいですね。

 

 

 

 

フィンランドでスキーと言えば「クロスカウントリースキー」

日本でスキーと言えば「山から滑り降りる」ダウンヒルスキーというイメージですが、フィンランドに山がほとんどないため、フィンランドでスキーと言えば「クロスカウントリースキー」となります。

 

 

フィンランドには広大な森があり、多少上下する地形なので、森の中でクロスカウントリースキーをやるのは冬の定番スポーツの一つです。

 

 

太ももに負荷がかかり、強度が低めなので、有酸素運動のクロスカウントリースキーは若い方から年配な方まで愛されています。

また、スキーをしながら冬の大自然も同時に楽しめるのは一つの特徴ですね。

 

 

ヘルシンキ市内でも中央公園にクロスカウントリースキーのルートがたくさんあり、国立公園の中にもクロスカウントリースキー用のルートがあります。

スキーの道具があれば、どこでも気軽に楽しめる国民スポーツですね。

 

 

筆者はスキー道具を持っていないので、いまだにチャレンジできていないですが、今回の冬に是非ヘルシンキ中央公園で道具をレンタルしてチャレンジしてみたいと思います!!

その時にまた報告いたします!

 

 

 

 

参考:Wikipedia Sport in Finland

 

 

関連記事

 

 

お薦めの北欧ディッシュタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら