フィンランドの電子処方箋、医療情報システムKanta.fi

公開日:2021年8月2日  関連分類:

 

クリニックに行って、診察してもらい、処方箋を発行してもらい、薬局に行って薬をもらう。

といったことを3ヶ月ごとやっていました。

 

筆者には一生飲み続けなければいけない薬があります。(症状が全くなく、病気というほどでもないですが、遺伝性疾患を持っています)

 

 

筆者が日本に住んでいたごろに3ヶ月に一度、クリニックに行って処方箋をもらい、薬をもらわなければいけませんでした。

 

当時はごく当たり前のことで、不便とは感じませんでした。

 

それが不便だと思ったのは今のフィンランドの電子処方箋を利用し始めてからです。

 

 

 

 

近年紙処方箋から電子処方箋に変わったフィンランド

フィンランドに来た当初、フィンランドの電子システムにアクセス自己認証(アカウントとパスワード)を持っていなかったので、普通に公立クリニックに行き、紙の処方箋を発行してもらい、薬をもらっていました。

 

処方箋の有効期限は1~2年間で、日本よりも全然長いという点では驚いたが、システム自体は日本とあまり変わらないかなと思いました。(処方箋の紙をなくしたらめんどくさい)

 

 

しかし、フィンランドの電子化発展により、2017年より、処方箋は電子化(kanta.fi)に移行しました。

 

つまり、お医者さんが発行する処方箋はあなたのマイナンバーに紐付けされ、薬局の薬剤師はあなたの健康保険証(KELAカード)もしくはIDカードにあるバーコードを読み込むだけで、処方箋の情報にアクセスでき、薬を出すことができます

 

 

これで何が便利になったかというと、クリニックに行ってお医者さんに診てもらう必要がなくなったのです。

日本の場合でいうと、クリニックの営業時間に合わせて行き、ロビーで待ち、診察してもらい、診察料を払う部分がなくなるのです。

 

3ヶ月分の薬がなくなったら、薬局に行くだけで済みます。

 

 

また、自分の処方箋にある詳細情報をいつでもネット(kanta.fi)で確認することができるので、この部分も便利ですね。

 

 

もっと便利なのは、薬の種類によって、処方箋の再発行や更新をネットでできます

 

 

筆者はこの間電子処方箋の有効期限が切れ(通常有効期限は2年間)、更新しなければいけませんでした。

となると、一度クリニックに行き、診察してもらわないといけないのは基本ですが、なんと!ネットでも更新できるのです!

 

特に診察が必須ではない薬の処方箋更新や延長は同じkanta.fiにログインして申し込むだけです。

 

それでクリニックに行かずに更新が完了します。

特にこの間コロナの流行が大変な時期に、筆者はクリニックに行きたくなかったので、とても助かりましたね。

 

 

 

 

フィンランドのヘルスケア情報統合サービスKanta.fi

「Kanta.fi」はフィンランドの新しいヘルスケア情報統合サービスです。

 

医療関連の情報はすべてここにまとめられています。

 

 

個人利用者は自分の電子処方箋の内容確認、処方箋の延長・更新、医療機関に訪ねた記録、診断記録などを確認することができます。

また、薬の価格、効用、交換性などの薬データーベースも設置されています。

 

 

医療関係者もこのシステムに通じて患者の医療関連情報を閲覧できるので、どのクリニックでもどの病院でも患者さんの過去の医療情報にアクセスできることで、診断には大きく役に立つでしょう。

 

 

Kanta.fiのシステム基盤ができたのは2010年ですが、当時機能性がとても少なかったです。

近年機能がどんどん拡充され、2017年から電子処方箋の拡大、2021年からコロナワクチン接種証明書の発行など人々にとって、とても便利な機能が増えてきました。

 

 

電子社会フィンランドの電子医療情報システムをご参考頂ければと思います。

 

 

参考:Kanta.fi

 

関連記事

フィンランドの医療サービスは費用が低いが、待ち時間がとても長いです。予約制なので、予約取らないといけません。今日予約取ったら、いつの予約になると思いますか?
なんだか最近疲れがとれない。身体がだるい。歳のせいにしてしまってはいませんか?異常な疲れやすさや長引く疲労感に隠れている典型的な病気と、改善すべき点を11の項目から見…...続きを読む
フィンランド政府の透明性をテーマとして取り上げた本記事では、コロナウィルスのワクチン接種対応関連の「情報開示」を切口として、フィンランド政府と日本政府の状況を調査し、…...続きを読む
季節的な肌荒れで悩んでいるあなた、それは花粉アレルギーのせいかもしれません。フィンランドには花粉ってあるの?その主な種類と各種ごとのシーズンをご紹介。白樺とりんごは仲…...続きを読む
  2020年1月29日(水)にフィンランドは北部のラップランドで初めての新型コロナウィルスが中国武漢から来た女性に確認されました。 参考:ついにフィンランドでも新…...続きを読む
税金負担が高く、社会福利制度が整っていると思われているフィンランドですが、果たしてフィンランドで生活する人々は医薬品費用の自己負担がどのくらいあるのでしょうか。日本と…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら