スポンジワイプを使ってみました!気になる使い方を紹介

公開日:2018年5月23日  更新日: 2018年06月09日 関連分類: 

Kiitos Shopでは、北欧デザインのキッチン用品を広く取り扱っています。

 

キッチン用品は毎日使うものですから、日常の中でパッと目を引き、使っていて楽しい気持ちにしてくれるデザインだと嬉しいですよね。

 

しかし、あくまで「毎日使うもの」ですから、かわいい・オシャレなだけではいけません。

北欧雑貨は本当にどれも可愛くて、ぜひ使ってみたい!と思わせてくれる魅力的なアイテムばかりですが、実際の使い方・使い心地が気になる……と言う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、気になるアイテムを実際に使ってみたうえで感じたメリット・デメリットをピックアップしてみました。

 

※商品ページ:スポンジワイプ :カラフルスパイス / More Joy / フィンランド 北欧

 

今回使用してみた商品はこちら!『スポンジワイプ』です。

 

みなさん、スポンジワイプってご存知ですか?

私は正直なところ、Kiitos Shopで取り扱われているのを見て初めて知りましたという方もいらっしゃるかもしれないですね。

 

どうやって使うの?」「使いやすいの?」などなど、自分で実際に使ってみながら検証してみましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

北欧のキッチン定番アイテムであるスポンジワイプの使い方

いろいろな使い方を試してみましたが、一番しっくり来たのは『台ふきん』としての使い方です。

 

スポンジワイプは、一見布のような形をしていますが、その名の通りスポンジのような素材でできています。布状の薄いスポンジ……と言うと、イメージがわくでしょうか。

 

そう、布ではないんです。

だから乾いている状態だとパリパリと固くて、布のようなやわらかいものではありません。

しかし濡らすとふんにゃり、やわらかくなるので、一度濡らしてから使う台ふきんとしての使い方が一番使いやすく、しっくりときました。

 

 

 

 

スポンジワイプを使ってみて少し気になったのは、乾かすと固くなる、というところですね。

 

だから、一般的なふきんのように、洗って乾かした後、たたんで置いておくということは難しいです。とはいえ、サイズ的には長さが20センチで最長なので、そんなにかさばるような印象はないでしょう。

 

 

それでも置き場所に困る、ということなら、洗濯ばさみなどでつるしておくと、スペースに困ることもありませんよ!木と調和性の高い北欧デザインを生かすために、木製の洗濯ばさみなどを使うとデザイン性を保つことができ、生活感を抑えることができるでしょう。

 

先ほど、最長部分が20センチとご紹介したのですが、このサイズ感が何とも調度よく、手にフィットするサイズで使いやすかったです。

干すときも邪魔になりませんし、つるしておけば目にも楽しいので気に入っています。

サイズ感もいいですし、濡らした時の絶妙な柔らかさと感触も気持ちがよくて、使用感もバッチリでした。

 

台ふきんって、生活感が出やすくて、どうしても野暮ったくなってしまいがちなアイテムの一つだと思うのですが、そこでオシャレを楽しむことができるのは、毎日キッチンを使う上で嬉しいポイントだな~と感じました。

 

※商品ページ:スポンジワイプ :サイレントナイト / More Joy / フィンランド 北欧

 

スポンジワイプのお手入れ方法について

やっぱりデザインが素敵な商品ですので、お手入れの際は漂白剤などは使わず、煮沸消毒をしましょう!

 

傷んできたら使う場所を変えてみる

しっかりお手入れをしていても、使っているうちに少しずつ劣化はしていきます。

 

見目が悪くなってしまったり、傷んできたなあと感じたら、お掃除用として使ってみてください。

 

シンク周りだけではなく、窓ふき・トイレ掃除などなど、使える場面はたくさん!

 

耐久性に優れているため、意外と長く使えますよ。汚れてきちゃったからと捨ててしまうのではなく、最後まで使ってあげてくださいね♪

 

 

関連記事

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら