フィンランドのお薦めお土産:プーッコ(Puukko)ナイフ

公開日:2018年12月18日  関連分類:  

 

フィンランドに旅行に来られたら、結構お土産に悩むことが多いでしょう。

 

なかなかイタリア、フランスやスペインなど観光大国のように様々なものがあるわけではないですよね。フィンランドは。

 

 

今回はフィンランドのナイフ「プーッコ」(Puukko)をお土産としてご紹介したいと思います。

 

フィンランドでは敬意を表すに送るプレゼントとして人気が高いアイテムです。

 

是非男性もしくはアウトドア好きの友人へのプレゼントとしていかがでしょうか。

 

 

 

 

フィンランド伝統的なナイフのプーッコ(Puukko)とは?

プーッコはフィンランド昔からよく使われる万能ナイフのことです。

 

フィンランド人は昔から森の中で生活ししているため、森の中で生きていくために様々な用途に使える1本のナイフを常に持ち歩くことが慣習でした。

 

この1本のナイフがあれば、寒い冬でも枝を切り落として火を起こす燃料にしたり、キノコを切り落としたり、釣った魚をさばいたり、ハンティングで取った鳥や動物を解体したりすることができます

 

森の中で生きていくために最低限の道具として必要とされてきて一般的に使われてきました。

 

 

 

 

フィンランド人にとってプーッコの意味

北欧北部の伝統民族の衣装にプーッコも基本装備として登場しています。

また、北欧のスカウト運動でも男性女性問わず、プーッコがスカウトのシンボルとして配備されており、実際にもスカウト運動の中でツールとして使用されています。

 

 

フィンランドでは公共場所でナイフを携行することが禁じられています。

 

しかし、狩猟や森に入ることが日常的に行われているフィンランド北部では生活文化を尊重し、プーッコの携行が厳しき取り締まられません。

偶にスーパーやバーでハンター姿の人がプーッコを携行して入店することもあるそうです。

 

 

フィンランドでは兵役義務がありますが、徴兵された男性にはプーッコが配布されないそうです。

入隊する男性たちはよく自分のプーッコを持ち込んで使います。

 

フィンランドの軍人はプーッコを自分の個人アイテムとして大事に使い続ける慣習があるそうです。

 

また、プーッコも過去の冬戦争や継続戦争の中で近接戦で高い機能性を発揮したとみられており、軍隊の中でもある程度重視されています。

 

 

 

 

フィンランドでプーッコをプレゼントとして送ることはとても高い敬意を示すことになります。

 

プーッコを送ることで受け取る人がこのプーッコを使って生活をより便利にできることから、送る人が受け取る人がより良い生活を送ってほしいという意味合いが含まれています。

 

 

プーッコの構造と材料

プーッコの構造はとてもシンプルで、ハンドルの部分とブレードの2部分のみです。

 

長さは大体9~12センチ前後で、武器として使うより生活ツールとして使うことが一般的です。

ハンドルには白樺、動物の角、プラスティックなどの材料が使用されており、ブレードにはカーボンスチールやステンレススチールなどの材料が使用されています。

 

エッジは片側にしかないので、逆側から手で押して力を入れることができます。

 

 

 

 

プーッコの代理購入について

フィンランドでプーッコの製造や販売に最も有名なブランドはマルッティーニMarttiini)です。

 

マルッティーニはフィンランド北部ラップランドのブランドであり、80年前の1928年から完全フィンランド製のナイフを製造販売しています。

品質が高く、質感も素晴らしく、筆者のラップランド出身の友人も大絶賛しています。

 

父親もしくは大切な男性友人へのお土産としてはお薦めします。

 

キートスショップでは代理購入を実施しております。

下記ざっくりしたお見積りをご参考頂ければと思います。

 

 

Marttiniiniサイトより引用。

 

 

  • 購入価格:29.76ユーロ(約3869円)(Lynx knife 121)
  • 送料:20ユーロ(約2600円)
  • 手数料(20%):1294円
  • 合計:7763円

お問い合わせ

北欧代理購買について
※商品価格が1万円を超える場合、別途消費税(8%)及び関税(3%程度)がかかります。

 

 

関連記事

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら