2017年はフィンランド独立100周年!フィンランド・イベント開催情報

2017年はフィンランドが熱く熱く盛り上がっています!
今年はフィンランド独立100周年の年。1917年12月6日の独立からちょうど100年目となります。

独立の歴史にご興味のある方は以下の記事を参考にしていただき、
フィンランド建国100周年! 誰でもわかるフィンランド歴史を3分で理解しましょう!

今回はフィンランドで開催される100周年にまつわるイベントをまとめてご紹介!1年を通じて様々なイベントが開かれます。今年しか楽しめない行事が満載なので、フィンランド旅行をするなら2017年がオススメです。

フィンランド独立100周年のイベント特集

独立100周年のテーマはTogether(共に)。これには、国籍にかかわらずフィンランドに興味のある人みんなで盛り上がろうという意味がこめられているのでしょう。

※フィンランド独立100周年記念のロゴです。

100周年オフィシャルウェブサイト

フィンランド独立100周年に関係するフィンランドを中心に世界中のイベントや情報がこちらのオフィシャルウェブサイトに集まっています。

フィンランド独立100周年公式ウェブサイトはこちら(英語、フィンランド語、スウェーデン語のみ)

関連するイベントリストは下記のページにあり、イベントの開催日、開催地、テーマなどをキーワード検索で探すことができますので便利です。

ただし、フィンランド人向けの情報が多いため、多くの内容はフィンランド語でしか書かれていませんので、ご注意ください。

フィンランド独立100周年関連イベント一覧ページはこちら

100周年記念似顔絵

フィンランド独立100周年オフィシャルウェブサイトには白背景、青模様のテーマに沿って自分の似顔絵を作るページがあります。

アプリのダウンロードは不要でウェブページに自分の写真をアップロードすればすぐにできます。

似顔絵作成ページ「Finland’s Faces(フィンランドの顔)」はこちら

スタッフKも一枚作ってみましたが、いかがでしょうか?(笑)

注目のアニバーサリー・イベント

2017年1月27日~4月3日
ミュージカル 「トム・オブ・フィンランド」– トゥルク

フィンランドを代表する画家トウコ・ラークソネンの半生を描いたミュージカル。トウコは世界で最も知られるフィンランド人の1人です。同性愛者の彼が描く「性的多様性を主張する大胆でユーモアあふれる作品」は世界の芸術に大きな影響を与えました。上演はトウコの故郷トゥルクで行われます。
【参考】
公式ページ(英語)

2017年3月3日~7月30日
ヘルシンキ市立美術館「モダン・ライフ!展」

独立100周年を記念して、フィンランドのモダニズムを紹介する「モダン・ライフ!展」が開催されます。建築、デザイン、フォトグラフィー、そして、ビジュアル・アートが並びます。また、モダニズムがフィンランド人の生活やアートに与えた影響についても紹介される予定です。
【参考】
公式サイト(英語)

2017年6月17日
タンペレにムーミン美術館がリニューアル・オープン

6月17日にムーミン美術館がタンペレホールに場所を移し、リニューアルオープン!ムーミンアートを展示する世界でたったひとつの美術館です。トーベ・ヤンソンのコレクションを、現代的な体験型展示で楽しめますよ!
【参考】
ムーミン美術館が2017年夏にオープン!!(フィンランド・タンペレにて)

2017年6月17日
フィンランドで40番目となる国立公園がホッサにオープン

フィンランドで40番目となる国立公園が誕生します!湖や森を楽しめる国立公園で、釣りやトレッキング、カヌーを楽しめます。大自然に囲まれて、日頃の疲れを吹き飛ばしてみませんか。
【参考】
ホッサ国立公園(英語)

ネイチャー・デイズ 2017

2017年はフィンランドの自然をお祝いするネイチャー・デイ(年4回)が予定されています。季節ごとの開催で季節ごとの美しさを堪能できますよ!開催地は各地の国立公園など。アクティビティーに参加して、フィンランドの自然を満喫してくださいね!

2017年2月4日
オウランカ国立公園「ディスカバー・ウィンター・ワンダーランド」

フィンランド北東部、北極圏近くに位置するオウランカ国立公園で『ウィンター・アクティビティー』を楽しめます。ハスキーぞり、スノーシュー体験、野生動物観察など冬ならではのアクティビティーを体験するチャンス!
【参考】
オウランカ国立公園公式サイト(英語)

2017年5月20日
コリ国立公園「ゴー・ワイルド・イン・ザ・スプリング」

芸術家たちに愛されたコリ国立公園。とにかく景色が素晴らしい!特に春は白樺の林や野花が美しく、輝きを感じます。釣りを楽しむこともできますよ。首都ヘルシンキから電車で4時間ほど。旅行の際に少し足をのばしてみてはいかがでしょうか。
【参考】
コリ国立公園(英語)

2017年8月26日
ヌークシオ国立公園「セレブレート・フィニッシュ・ネイチャー・デイ」

8月26日はフィンランドの独立記念日12月6日からちょうど100日目。8月25日から27日まで、ヘルシンキ近郊のヌークシオ国立公園で「フィンランド、レッツ・イート・トゥギャザー」が開催されます。音楽と共にフィンランドの様々な食事を屋外で楽しめイベントです!
【参考】
ヌークシオ国立公園(英語)

今回の情報は以上ですが、恐らくもっとイベントは行われるでしょう。情報を入手次第、記事にしますのでお楽しみに!

参考:プレスリリース

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

キッチンタオル :シーフィッシュ / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル :ノルディッククリスマス / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル :ホリソントブルー / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
デコランドのキッチンタオル
キッチンタオル :Ohto(3色) / Dekorando / フィンランド 北欧
 DEKORANDO 
 キッチン雑貨 
デコランドのキッチンタオル
キッチンタオル :Kimara(3色) / Dekorando / フィンランド 北欧
 DEKORANDO 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:青い車たち (青) / Kierti / フィンランド 北欧
 KIERTI 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:キツネのフェース (茶) / Kierti / フィンランド 北欧
 KIERTI 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:雪森とキツネ (水色) / Kierti / フィンランド 北欧
 KIERTI 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:オニオン (青) / Kierti / フィンランド 北欧
 KIERTI 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:VIRNA・グレー / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:TIVOLI / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:VIRNA・グリーン / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
キッチンタオル:4種類 / Kierti / フィンランド 北欧
 KIERTI 
 キッチン雑貨 

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られていますが、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品の発掘に力を注ぎ、まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら