ムーミン75周年記念!映画「ムーミン谷の彗星」が新しくなって登場!その秘話とは?

公開日:2020年6月7日  関連分類:

写真引用:MOOMIN CHARACTERS️️ANIMATION©️DENNIS LIVSON&KINDERNET

 

現在フィンランドではまたムーミン一家が世間を騒がせています。

 

実は今年2020年はムーミン75周年記念!

 

1945年に最初の小説「小さなトロールと大きな洪水」が発表されました。

 

この最初の小説が基盤となった「ムーミン谷の彗星」が翌年に続けて出版。

 

 

日本では1992年に劇場版として「ムーミン谷の彗星」が公開されたことは有名ですね。

 

さぁお待ちかね!

 

この1992年劇場版がまたリニューアルされて2020年の今年、世に登場します!!

 

 

 

 

「ムーミン谷の彗星」小説から劇場版になるまで

フィンランドでこの物語の劇場版が公開されたのは、日本よりも1年ほど遅れた1993年4月。

 

もちろんフィンランドでもかなり人気が高い映画で年間176,000人も動員しました。

 

 

この作品、今では「ムーミン谷の彗星」という題名作として有名ですが、

 

トーベ・ヤンソンが最初に題した小説の名前はKometjakten(コメットハント)。

 

 

しかし、何故だか1968年に修正版を発行しています。

 

内容の変化としては登場するキャラクターの猫と類人猿が置き換えられています。

 

そしてその修正版の小説名はスウェーデン語で「Kometen kommer(彗星がやってくる)」と変更されました。

 

 

そして1992年、この小説を基盤としたアニメーションの劇場版をフィンランド・日本・オランダで共同制作されました。

 

この劇場版「ムーミン谷の彗星」はムーミン最初の長編映画なのです。

 

 

劇場版「ムーミン谷の彗星」のリニューアル、裏では大変だった

1990年初頭に制作された「ムーミン谷の彗星」の劇場版ですが、

 

リニューアルするにあたってフィンランドチームはこのアニメーションのフィルム元を手に入れなければなりませんでした。

 

実はそれがフィンランドではなくどう言うわけか日本に。

 

 

それもオリジナルのフィルムや紙素材の原画はとても古く足りないものもあり、

 

更には非常に悪い状態だったようです。

 

 

そのため、一度目の日本渡航では、これらをフィンランドチームに手渡すことを日本当局が拒否。

 

 

もう一度がんばってみようと二度目に別の映画プロデューサーが日本に飛び、

 

やっとのことで元の映画フィルムを手に入れることができたようです。

 

 

それでもこのことはとてもラッキーが重なってのこと。

 

 

以前の劇場版「ムーミン谷の彗星」と2020年版はどこが違う?

写真引用:MOOMIN CHARACTERS️️ANIMATION©️DENNIS LIVSON&KINDERNET

 

1990年代に制作された劇場版「ムーミン谷の彗星」と2020年版の違いは

 

もちろん、より良いアニメーションに改善されたことも大きいですが、

 

実は他にもあります。

 

 

最も興味深いところは、ムーミン家族が夕食を食べるシーンで見られます。

 

 

オリジナルのシーンでは、夕食時にワイングラスに入った赤い飲み物を飲むシーンがあります。

 

これは誰がどう見ても赤ワインでしょう。

 

 

しかし、新しい劇場版ではこのグラスが削除されています。

 

何故、こんな些細なところを気にしたのか?分かりますか?

 

 

 

 

ムーミンは親子で楽しんで見てもらいたい思い

フィンランドチームがワイングラスを削除した理由、、、

 

「2歳の子供でも両親と一緒に見ることができる映画にしたい」と言うこと。

 

これは今回リニューアルするにあたってとても重要なことでした。

 

 

そう、フィンランドの映画には年齢制限が厳しく規制されていて、

 

1990年の頃よりも現代ではより厳しくなっています。

 

 

例えばフィンランドでは、

 

ディズニーとピクサーの子供向け映画は、7歳未満の子供の視聴を禁止しています。

 

理由は様々ですが、オリジナルの劇場版「ムーミン谷の彗星」に登場したワイングラスも年齢制限の問題に大きく関わってくるもの。

 

 

「何歳であろうとムーミンを愛してもらえることが重要なんだ。私自身はよくワインを飲むけどね。笑」

 

 

と、2020年版「ムーミン谷の彗星」の映画プロデューサーであるアンッティ・ヨキネン氏(Antti J. Jokinen)。

 

 

 

 

この2020年版「ムーミン谷の彗星」はフィンランド語、日本語、スウェーデン語、英語版が制作されています。

 

ヨキネン氏によれば、目標はこの映画を世界中に配布することだそう。

 

 

皆さんも今年2020年、よりもっとムーミンが好きになることでしょう!

 

 

情報・引用:Iltalehti -Mitä ihmettä? Viinilasit jouduttiin poistamaan rakastetun Muumi-elokuvan uudesta versiosta – Suomen laki tuli tielle

 

関連記事

※引用:Moomin.com   最新2D/3D技術が導入されて製作されたムーミンアニメ「ムーミン谷のなかまたち」(Moominvalley)が先日フィンランドで2019年2月から放送開始と決…...続きを読む
ムーミンファンが待望するニュースです! 最新のムーミン映画が間もなく、2017年12月2日に上映されます! 今回の「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は、2009年…...続きを読む
ムーミンスマホクリーナーISOISÄN PUULELUTスナフキンの細部拡大写真
最新のムーミン映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』が間もなく12月2日に上映されます! 関連記事:ムーミン映画 ムーミン谷とウィンターワンダーランド 2017…...続きを読む
最新のムーミンアニメ「ザ・ムーミン」について、誕生の裏話から豪華な製作陣、現在確定している範囲の放送予定について一気にご紹介しています。ユーチューブで公開されているサ…...続きを読む
世界の人々に知られているフィンランド発のムーミン物語はどのように世界で有名になったのか? きっかけの1つとして挙げられる「ムーミンアニメ」について、ヨーロッパと日本で…...続きを読む
※画像はMoomin.comより引用。   世界中のムーミンファンが注目している最新ムーミンアニメ『ムーミン谷』(ムーミンバレー、Moominvalley)のフィンランド国内放送日程が発…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら