ヘルシンキのおすすめカフェ・レトロなヨーロッパを感じれるティーカフェ

公開日:2020年4月5日  関連分類:

 

フィンランドで、カフェでの飲み物といえばコーヒーがほぼ全体を占めますが、

中にはコーヒーが苦手という方もいらっしゃいます。

 

それはフィンランド人でもあり得る話。

 

そんな方に、とっておきのカフェをご紹介しましょう!

 

紅茶だけでなく、アジアのお茶もおいしく頂ける本格的なティーカフェなんですよ。

 

 

 

 

THE OUNCE(ザ・オンス)

  • 住所:
  • 営業時間:月曜~金曜11:00~18:00、土曜11:00~17:00、日曜定休
  • ウェブサイト:https://teekauppa.ounce.fi/
  • ヘルシンキ中央駅から徒歩9分、または6T/7/9番のトラムでKampintori下車後徒歩2分

 

 

 

 

19世紀の雰囲気が味わえる小さなカフェ

写真引用:https://teekauppa.ounce.fi/

 

カフェの入り口はとても小さく、気を付けていないと通り過ぎてしまうようなたたずまいです。

 

 

しかしよく目を配ると、お店のショウウィンドにはティーカップをもった男性が、

 

19世紀後半の町でよく見かけられた自転車ペニー・ファージング(全車輪が大きい自転車)に乗っているのがすぐわかるはず。

 

これを目印にされると良いでしょう。

 

 

このカフェに一歩はいると、ヘルシンキの都会な町から一気に19世紀のビクトリア朝の頃にタイムスリップします。

 

 

カウンターの後ろの木製の棚にはズラッとならんだお茶の瓶。

 

それらは、中国・日本・インド・セイロン・フォルモサ・韓国・ベトナム・アルゼンチン・南アフリカ・ドイツからなどなど世界中のお茶が目に入ります。

 

ここでは本当にたくさんの茶葉が扱われていて、店内でお茶を楽しむことはもちろん、茶葉を買うことができます。

 

 

試飲も頼めばさせてくれ、茶葉の香りもテストさせてくれるので、自分好みのお茶をその場で選ぶことができるのがありがたいです。

 

ですので、興味だけで初めてのお茶を注文したけれど、実際味わってから失敗するということはありません。

 

もちろん、店員さんの知識はかなり豊富で聞けば色々と教えてくれ、とても親切です。

 

 

カウンターの反対側には、それぞれの国で使われる茶器が置いてあり、それも購入可能。

 

かわいらしいティーポットから日本の急須まで様々な茶器が置いてあります。

 

 

 

 

全てがいちいちTHEヨーロッパでかわいい

棚にズラッとならんだ茶葉の瓶もビクトリア朝の雰囲気をかなり出していますが、

 

店内に置かれているインクペンだったり古本だったり、

 

カウンターに置かれたチョコレートなどの小さな甘いお菓子や、飾られてる絵やランプなど。。。

 

小物もいちいちかわいいのです。

 

 

しかし、雰囲気がいいだけではありません。

 

店内で出されるお茶が入ったポットにはちゃんと冷めないようにかわいらしいアンダーポットキャレ(ポットの座布団のようなもの)が敷かれ、

 

それぞれのお茶にあった湯の温度と淹れ方でテーブルに運ばれてきます。

 

 

 

そして茶葉を購入する際、値段は茶葉の重さ決まるシステム。

 

 

普通のお店ではグラムで測りますが、

 

このお店では古い英国の伝統を尊重し、重量の単位としてカフェの名前でもあるオンス(Ounce)の単位で量る本格ぶり。

 

 

ちなみに、1オンス=約28gです。

 

 

その購入した茶葉を入れてくれる袋もシンプルでかわいいんです。

 

 

フィンランドにはいくつかティーカフェや茶葉屋さんがありますが、

 

いろいろな茶葉が置いていて、

これほど雰囲気がよく、

豊富な知識をもった店員さんに本格的なお茶を提供してくれるカフェはここぐらいなものです。

 

 

フィンランド・ヘルシンキ近郊でコーヒー以外が恋しくなったら是非ここのカフェに足を伸ばしてみてください。

 

関連記事

フィンランド人はコーヒーが大好きです。数あるコーヒーショップの中で今回おすすめするのはヘルシンキの銀座ともいうべきエリアにある、断トツに都会的でおしゃれなカフェです。…...続きを読む
ヘルシンキで最も古い建物の一つに入っており、ヘルシンキ大聖堂と元老院広場の正面にある地元の人々にも人気なカフェのご紹介です。観光地の真ん中に位置しながらもローカルな雰…...続きを読む
  フィンランドは一人当たりコーヒー消費量世界一(一人年間12キロ)ですが、味わいは意外とシンプルです。 大体薄い味で酸味がやや強めというのが特徴です。   淹れ…...続きを読む
ヘルシンキの中心街エリア(ブランド店が立ち並ぶ東京の銀座のようなエリア)にあるエスプラナーディ公園の中に位置しているカフェです。一見見た目は高級レストランの雰囲気を醸…...続きを読む
  知っている方も多いかもしれませんが、フィンランドはコーヒー消費大国です。 一人当たりのコーヒー消費量はなんと世界一位!   平均一人一日3杯飲みます。(14歳…...続きを読む
ヘルシンキ中央駅からアクセス抜群、そしてモダンでオシャレな内装のカフェです。おいしいコーヒーだけでなく、ランチや日曜日はブランチも楽しめます。観光で疲れて一息つきたい…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら