ヘルシンキのお薦めカフェ:「フィンランドチョコ老舗」のFazer Cafe

公開日:2017年10月31日  更新日: 2019年11月30日 関連分類:

ヘルシンキの市中心にあり、120年を超える歴史の長いフィンランドのお菓子老舗「Fazer(ファッツェル)」の直営ファッツェルカフェは常に観光客や地元客の人気スポットです。

 

非常にアクセスしやすい立地はもちろん、歴史の長い店舗の雰囲気が味わえること以外、非常に多機能な店舗としても利用しやすいです。

 

朝には朝食が提供され、昼にはランチやブランチ、他の時間にはカフェとして利用されます。また、チョコレートやテックアウトのエリアもありますので、ショッピングもできます。

 

 

※入って左側にあるカフェの注文カンターです。混雑時にここに長列ができてしまいます。

列に並びながら何を注文しようかなーと考える間もワクワクしますね。

 

 

予約とビュッフェの価格は記事の最後をご覧ください。

 

週末はかなり混雑しますので、食事でご利用されたい場合、事前予約をお薦めします。

 

オンラインでテーブルの予約ができるので是非ご利用ください。(下記詳細部分をご覧ください)

 

ちなみに、トリップアドバイザーではこちらのファッツェルカフェはヘルシンキカフェの中でランキング2位です!

 

 

※入って右側にあるテックアウトカウンターとショッピングエリアです。

 

Fazer(ファッツェル)の沿革

フィンランド老舗のチョコレート・食品メーカーファゼル(Fazer)の話は全てその創始者であるカールファッツェル(Karl Fazer)から始まります。

 

カールファッツェルはフィンランドがまだ独立する前のロシア時代の1866年にヘルシンキで生まれました。

 

彼の両親はスイスから移民してきて動物毛布の家族ビジネスを営んでいましたが、カールファッツェルはそれに興味なく、両親の意志に反してお菓子の学校に進学しました。

ベルリン、パリとロシアのセントピーターズバーグでお菓子作りの勉強を経て1891年9月17日(彼が25才のごろ)に今回ご紹介したファッツェルカフェの場所でフランス・ロシアお菓子専門店を開きました。

 

※Fazar生産のムーミンお菓子、食品も販売されています。写真はムーミンお菓子ギフトセットです。

 

中にはムーミンクッキー、ムーミングミ、ムーミンキャンディなどが入っています。箱自体もすごくかわいいです!

 

その味がヘルシンキの人々の胃袋をうまく掴むことができ、ビジネスが徐々に拡大していき、開業6年後の1897年にヘルシンキ市中心南部に4階建ての工場を立てました。

 

更に20世紀に入り、カールファッツェルの息子であるスベンファッツェルが1963年にヘルシンキの北に隣接するヴァンター市に最新の工場を建設し、移転しました。

 

現在となり、チョコレート製品はヴァンター市の工場で生産され、糖類のお菓子は東南フィンランドの町ラッペンランター、ガムや小包装お菓子はフィンランド南部の町カルキラで作られています。

 

※ケーキはもう見るだけでよだれが。。。。

 

※秋に入り、気温ゼロ度前後の平日の午後は若干閑散しています。

 

 

ファッツェルのムーミンお菓子関連記事はこちら:

フィンランドの食料品大手メーカーファッツェル(Fazar)のキシリトールのパッケージには、ムーミンと仲間たちが描かれています。中身は普通のグミのようなキシリトールですが、…...続きを読む

ムーミンのキャラクターたちがグミになっているファッツェル(Fazar)のグミ。パッケージにはリトルミイがいて、中身のグミはムーミンパパ・ママ・ムーミンなどの6種類のキャラ…...続きを読む

 

 

詳細(Fazer Café Kluuvikatu 3店)

  • カフェ営業時間:
    月~金 7:30~22:00
    土曜     9:00~22:00
    日曜 10:00~18:00
  • ショッピングエリアと持ち帰りコーナーの営業時間:
    月~金 7:30~18:00
    土曜  9:00~18:00
    日曜 10:00~16:00
  • 朝食ビュッフェ:13.9ユーロ
    月~金7:30~10:30
  • ブランチビュッフェ:23.9ユーロ
    土曜9:00~14:00、日曜10:00~14:00、
  • ランチスープビュッフェ:9.9ユーロ(メニューはサーモンスープと日替わりのスープ1品の2品あるようです)
    月~金11:00~15:00
  • 住所:Kluuvikatu 3, 00100 Helsinki
  • 地図

 

 

 

関連記事

  知っている方も多いかもしれませんが、フィンランドはコーヒー消費大国です。 一人当たりのコーヒー消費量はなんと世界一位!   平均一人一日3杯飲みます。(14歳…...続きを読む
120年を超える歴史の長いフィンランドのお菓子老舗「Fazer(ファッツェル)」の直営ファッツェルカフェ。市街中心にあるのでアクセスは良好な上、朝食、ランチそしてカフェとして…...続きを読む
  フィンランドは一人当たりコーヒー消費量世界一(一人年間12キロ)ですが、味わいは意外とシンプルです。 大体薄い味で酸味がやや強めというのが特徴です。   淹れ…...続きを読む
フィンランド人はコーヒーが大好きです。数あるコーヒーショップの中で今回おすすめするのはヘルシンキの銀座ともいうべきエリアにある、断トツに都会的でおしゃれなカフェです。…...続きを読む
ヘルシンキ中央駅からアクセス抜群、そしてモダンでオシャレな内装のカフェです。おいしいコーヒーだけでなく、ランチや日曜日はブランチも楽しめます。観光で疲れて一息つきたい…...続きを読む
ヘルシンキ中央駅から徒歩で行ける本格的なお茶が味わえるカフェです。もちろん、カフェ内の雰囲気もビクトリア朝の頃にタイムスリップしたかのよう。色々な国の色々の中から自分…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら