ヘルシンキ市内観光・旅行:市内中心をHOOP電動スクーター(キックボード)で周ろう!

公開日:2019年5月30日  関連分類: 

 

ヘルシンキではトラム・地下鉄・バスといった交通網が発達しているに加え、黄色い自転車(共用自転車)が特徴のシティバイクも4月から10月まで利用可能です。

 

 

そんな中2019年からヘルシンキでは市内中心部で電動スクーターを見る機会が多くなっています。

 

赤いVoi、そして緑のTierに加えてもう1つ新しい電動スクーターである「Hoop」も参戦し始めました。

 

 

2019年5月現在はドバイとヘルシンキの2都市で活用されているHoopですが、これから他の都市でも増える見込みです。

 

 

※キートスショップ主催ヘルシンキ現地ツアー

せっかくフィンランドに旅行に来たのだから、首都ヘルシンキ以外も訪問したいという方におすすめのページです!ヘルシンキから行ける日帰りオプションツアーや、日帰りで訪れるこ…...続きを読む

 

 

 

 

スクーターに決まった駐輪場はない

ここがシティバイクと違って、基本的には確定した駐輪場がありません。それぞれアプリを通して、どこに電動スクーターが駐輪されているか確認することができます。

 

赤のVoiそして緑のTierと少し違うところが、Hoopでは固定の駐輪場の場所もあるためそこで降りて返却すると少し使用料金が安くなるということです。

 

またスクーターの充電率も確認できるため、充電が十分にあるかどうか確認してから選びましょう。

 

 

HOOP社料金システム

 

 

アプリの登録完了後、一回は無料でお試し乗りができます。

 

 

駐輪料金

アプリで表示されている場所またはhoopの旗がある場所:0から0.80ユーロ

それ以外の場所1ユーロ

 

 

乗車料金

1分ごとに、0.15ユーロ

 

使用料金は電動スクーター返却後に清算されます。

 

 

 

 

アプリをダウンロードしよう

Ridehoop.comよりアプリをダウンロードします。

 

 

1.アプリをダウンロードしよう!

 

 

2.メールアドレスを登録する

 

登録したメールアドレスに確認のメールが届くので、リンク押して再度アプリで設定を続けます。

 

 

 

 

3.クレジットカード情報を入力

 

 

 

4.このように紫色で囲まれているエリアで電動スクーターを利用できます

 

 

 

 

Hoop電動スクーターの基本的な使い方

 

1.ヘルメットを着用

 

 

 

2.アプリで電動スクーターのある位置を確認、スクーターにあるQRコードをスマホで読み込みます

 

 

 

3.スクーターに乗車後、2回蹴って始動させましょう

 

 

 

4.自転車専用路を乗りましょう

※フィンランドの道路標識は記事の下記をご参考ください

 

 

 

5.紫色で囲まれているエリアで電動スクーターを利用できます

 

 

 

6.Hoop駐輪場に返却すると利用料が安くなります

 

 

 

7.アプリ上でロックをかけて、返却完了です

 

 

 

8.使用上の注意、規約に同意する

  • 18歳以上である
  • ヘルメットをかぶって操縦する
  • アルコールやドラッグの影響を受けていない
  • 自転車専用道を使用する。歩行者専用道の場合は歩くスピードを超えない。

 

 

 

 

HOOP電動スクーターのハンドル

 

 

 

右のハンドルでスピードを出すができます。

 

左のハンドルを引くことで停止できます。または後輪上をふむことで停止も可能です。

 

 

 

 

ヘルシンキの道路表示ルール

ルールは多くないですが、慣れてない町なので気を付けたほうがいいですね。

 

電動スクーターは自転車専用の道を走る必要があります。

 

※自転車専用道の標示

 

  • 自転車と歩行者共用道があれば共用道の右側を走ります。

※この標示のある道は右側通行

 

※この標示のある道は右側通行

 

※この標示のある道は左側通行

 

  • 自転車専用道でも歩行者共用道でもなければ車道の一番右側を走ります。(バス専用道でもチャリは走れます)

 

 

まとめ:近距離の市内移動はとても便利

電動スクーターは赤のVoi、緑のTier、そして今回ご紹介したHoopがヘルシンキ中心地では見られます。

 

料金としては、1分ごとに0.15ユーロかかる緑のTierとHoopはとても似ていますが、Hoopは駐輪する場所によっては値段が安くなる!という仕組みがあります。

 

そのため、これをうまく活用すれば一番安くで電動スクーターを利用できるのではないでしょうか。

 

ヘルシンキ中心地では石畳の場所もあるので運転には十分気をつけてくださいね。

 

 

ヘルシンキ市内の交通手段について

フィンランド 夜景
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む


5月から10月末まで利用可能なヘルシンキの最新公共交通手段、シティバイクのご紹介。事前登録すれば、基本料金のみで自転車を受け取ってから返却するまで毎回30分は乗り放題と便…...続きを読む


フィンランド、ヘルシンキ交通情報に続いて、旅行の際に安くてお得にチケットが買えるモバイルアプリのご紹介です。旅行前にダウンロードして使い方を知っておけばとても便利です…...続きを読む


今回はシティバイク(電動自転車)と使い方がよく似ている電動スクーター(VoiとTier)ご紹介したいと思います。特にヘルシンキ中心地で4月ごろからよく見かけるようになりまし…...続きを読む

 

 

ヘルシンキ中心街の観光地情報

ヘルシンキに来たら、やはり「ヘルシンキ大聖堂」は外せない場所ですよね。そんなヘルシンキ大聖堂の建物について歴史や建築様式などを紹介していますので訪問前に読んでいただきたい記事です。


ヘルシンキ大聖堂とセットで見る観光スポットと言っていいほど有名な場所はこちら「ウスペンスキー寺院」です。   西ヨーロッパ全体に最大な正教会(Orthodox Church)と言…...続きを読む


オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む


周辺にたくさん観光地のあるカウッパトリマーケット広場。早朝から店が立ち並ぶので早起きしてみるのも良し、観光途中で小腹が空いた時に立ち寄るにも便利ですね。


ヘルシンキの二大繁華街エリアであるヘルシンキ中央駅の駅前エリアとカンッピエリアの間にあるにもかかわらず、中はとても静かな礼拝堂。観光地巡りで疲れた時などに是非立ち寄っ…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら